日記
[ホームへ戻る] [院長室へ戻る]
過去ログ 2003年02月 03月 04月 05月 06月 07月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 09月 

2005年03月31日(木) 
X線室からデジタルレントゲンサーバーまでの配管にUSBケーブルを通さなければならない。空配管はあるので、中を通す専用の工具「フィッシュ」さえあれば良いのだが、電気屋さんでもなければ持っていない。業者さんに頼むのも面倒だと思っていたら、こんなページが。フィッシュが6mで2100円ちょっとならお買い得かもしれないと思う。

2005年03月30日(水) 
 Windowsを再インストールしたPCにインプラントの3DCT分析プログラム、シムプラントをインストールしてSystem IDを取得し、メーカーに送って運用のパスワードをもらう。これでやっとシステムリカバリできた。本当は知らない人に自分のPCを触らせるのは嫌だったのだが、簡単な操作と聞いていたので任せてしまったのが間違いであった。レントゲンのサーバー機を触らせなかったのがせめてもの幸い。IT化が進んでいる医療器具で今後もPCに何かソフトをインストールする必要が出てくるのだろうが、相手の知識がどれぐらいか分からないし、やはりインストールは自分でやるに限ると思う。

 チェロレッスン。全曲を先生のピアノ伴奏で弾くが全曲を通して間違えずに弾けない。「やり直しをすると弾けるので単に弾き込みが足りないんでしょうね」と先生に言われてしまう。ああ、時間だけはいくらでもあった学生時代に始めていれば良かったのに、と後悔してしまう。

 終戦のローレライIVを読み始める。いよいよ最後の1冊。描写が細かくてまるで「目の不自由な方の音声ガイド」を副音声で聞きながらドラマを見ているようである。普通の文章にしたら上下2巻ぐらいで終わらないか?
4062750031.09.MZZZZZZZ.jpg 112×160 8K

2005年03月29日(火) 
 朝一番でインプラントの予定が入っているので、いつもより少し早く起きる。こんな日は食事の前にちょっとチェロを弾いたりしている。どちらかというと朝は弱いので調子がでるまで時間がかかるのだが、楽器に触っているとだんだん目が覚めてくる。こんなとき、今やっている課題曲なんかをうっかり弾くと精神の統一が乱れる?ので、バッハの無伴奏チェロ組曲から1番のサラバンドあたりをゆっくりと弾いて心を落ち着ける。少し調子が出てくるとプレリュードで指の練習もしておく。

 今日のインプラントは保存できない歯を抜いてそのままインプラントを埋入する抜歯即時埋入の術式をとった。もともとの歯の方向がインプラントを植えたい方向とずれているのと、前後をインプラントと天然歯に挟まれた狭い間隔の中央に、しかも犬歯の置き換えなので長いインプラントを植えなくてはならないというポジションの難しいインプラントであった。慎重に慎重に犬歯の抜歯に30分、ポジションを決めてインプラント窩を形成するのに30分、ここまでが難しくて埋入は10分で終わってしまった。放射線量の少ないCCDタイプのデジタルレントゲンは大活躍。10秒で画像が見られるので細かいコントロールが可能であった。

 予定時間より少し早く終わってレントゲンで予定通りの場所に埋入できたのでほっと一息。気分が良かったのだが、昨日メーカーの「技術者」が触っていたPCが起動できなくなっている事に気がつく。セーフモードでも立上がらない。ブルースクリーンが出ているところを見るとレジストリか重要なシステムファイルが破損しているように思える。

インストール失敗したのは仕方ないけど、PCは壊さないで欲しかった。

2005年03月28日(月) 
CCDタイプのデジタルレントゲン Gendex Visulaxの取り付け。取り付けといっても本体とPCをUSB接続してドライバをインストールするだけの筈なのだが、どうもうまく作動しない。取り付けに来たメーカーの「技術者さん」はレントゲンには詳しい方のようだがコンピューターはあまり知識がなかったらしい。どこかと携帯電話を繋ぎっぱなしにして指示をあおいでいるのだが、Windowsのディバイスドライバのインストールウィザードの使い方の時点ですでに躓いている。時々、見に行ってはサジェッションするのだが、どうも他のドライバとコンフリクトしているようだ。結局、8時間以上かかって他のPCにインストールして帰ってしまった。つき合っていたこちらのほうも大変だった。2sens.jpg 504×360 18K

2005年03月27日(日) 
インプラントコース2日目。今日もひたすらインプラントの埋入の実習、と言うより従来の方法では埋入が難しい場所へインプラントを埋入するための様々な術式を学ぶための実習を行う。骨が薄い上顎にインプラントを植えるためにソケットリフトという手技がある。この練習はまず半分に割った生卵の殻にダイアモンドバーで直径3mmほどの孔をあける。この時、内側の薄い膜を破ってはいけない。次にこの孔から特殊な器具を使って石膏の粉(骨補填剤の代わり)を詰め込んで行く。もちろん、このときも卵膜を破ってはいけない。やるまでは「そんな事できるのかな?」と思っていたのだが、案外とやってみれば出来るものである。

2005年03月26日(土) 
博多でインプラントのアドバンストコース。会場に着いてみると参加者のほとんどが顔見知りであった。参加条件が「インプラント埋入経験少なくとも100本以上」なのだが、最初からいきなり模型と埋入キットを渡され「右上臼歯部に3本埋入。制限時間30分以内」の抜き打ちテスト。「ステントも無いのに、、、」とぶつぶつ言いながらも皆、結構時間内に埋入が終わって縫合している。基礎的な事は理解しているという前提なので、どんどん実習が進んで行く。一日目終了後に懇親会。明日もまたハードな一日になりそうなので早めに寝る、、つもりが「終戦のローレライ」を読み始めてしまって1時に就寝。

2005年03月25日(金) 
診療後、研修会のためにJRで博多へ。明日の朝は9時からなので、今日中に博多に到着すれば良いかと思い10時半の最終のリレーつばめに乗る。車内で「終戦のローレライIII」を読んでいたらあっというまに博多に到着。ニューオータニに泊まったのだが、建物内部の柱や壁に先週の地震による亀裂が残っていた。フロントで「安全性には問題がありません」というチラシをもらったのだが、ちょっと怖い。寝る前にまた少し読んで就寝したが、夜中に余震で目が覚めた。

2005年03月24日(木) 
診療室のプリンタ Canon BJF870が不調。修理に出す。いい加減、新しく買ったほうが安いとも思うのだが、ベスト電気の5年補償があと1年残っているのでとりあえず修理してみる。

2005年03月23日(水) 
チェロレッスン。課題曲は「もう少しですね」との事で合格できなかった。残念!

2005年03月22日(火) 
434400759X.09.MZZZZZZZ.jpg 108×160 6K連休中ダウンして寝て過ごしていたので意外と体調がよかったりする。http://www.amazon.co.jp/から注文していた本とDVDが届く。村上龍の「半島を出よ」上下と「トスカ」。連休中に終戦のローレライIIまで読み終わったので、最後のIVまで読んだら「半島を出よ」を読むつもりだが、ローレライは簡単には読めそうにない。診療終了後に歯科医師会の合同委員会出席。歯科医師会館建設問題について。

2005年03月21日(月) 
春分の日の連休なのだが、もちろんどこにも行けない。熱はすっかり下がり良く寝たので体調も良いのだが、解熱してから2日は注意しなくてはならない。昨日、解熱したので、明日は診療できそうでなのだが、開業してから平日に熱を出したりする事が何故だか無い。平日は緊張しているのか、週末に発熱して週末を潰してしまう事のほうが多い。得なのだか、損なのだか分からない体質である。

2005年03月20日(日) 
朝、といっても11時近くに目を覚ます。天井がぐらぐら動いている。低い耳鳴りもするようである。「ああ、まだ高熱が続いているのだな。」とぼんやり感じていたら、これがリアルの揺れである事に気がつく。地震であった。寝室から階下におりて体温を計ると37度に下がっている。さっそくテレビをつけてみると博多で大きな揺れがあったとの事。時間が経つにつれ被害が大きかった事が知れる。一番ショックだったのは福岡ビルディングの窓ガラスが割れてしまった事であった。子供の頃、父は某建築会社の設計部で働いており、福ビルの建設にも関係したらしい。天神で福ビルを見上げ「父が設計したビル」だと思い誇らしい気持ちになっていた。もちろん、ほんの一部の図面を引いたに過ぎないのだろうが、それでも福ビルだけ窓ガラスが粉々なのはかなりのショックであった。

2005年03月19日(土) 
一昨日、インプラントの埋入を終えた患者さんの消毒。
「それが先生、全然腫れも痛みも無いので本当にインプラントが植わっているのか心配なんですよ。」とのこと。術式を選んで条件がそろえば今は誰がやってもそんな事が可能な時代になっている。もちろん、そのような結果を得るためには、いろいろな事を考え細心の注意を払って処置をしているのだが、そんなことはいちいち説明しないのが粋かも、と思う。「大丈夫ですよ。レントゲンで確認しましたし、お帰りになった後にオペ室の床にインプラントが落ちてたりはしませんでしたから。」と軽口で返してしまう。調子が良かったのは朝のうちだけで、午前中の診療が終わるころにはなんだか頭が痛くなってきた。熱を計ると38度近くある。診療後、かかりつけの内科を受診するとインフルエンザとの事。さっそく、タミフルを処方され早々に床につく。

2005年03月18日(金) 
歯科医師会の集まりでfacebow transferについての短い話をする。咬合とかfacebowとか咬合器というのは理論がややこしくて嫌いな人は嫌いなのだが、学術委員会のメンバーは「良い意味でのオタク的」な先生が多いので、話がだんだんややこしい方へ向かってしまう。iWorkのKeyNoteでプレゼンテーションをしたのだが、どちらかというと話の内容よりもKeyNote2のほうが受けていたようにも思う。

2005年03月17日(木) 
午後からインプラント埋入。今月は毎週数本ずつインプラントの埋入をしているが、毎週それぞれ違う部位に違う方法でインプラントを植えている。今日は抜歯即時埋入といって折れてしまった歯を抜いて、そこへそのままインプラントを植える手技である。この方法の'肝’の部分は如何に抜歯する歯の周囲の歯茎に傷を付けないかなのだが、特殊な抜歯器具をつかってゆっくりと慎重に抜歯する。歯さえ抜いてしまえば、中をきれいにしてインプラントを植えるだけなので、さほど難しい事は無い。今回も抜歯に要した時間よりインプラントを植えていた時間のほうがずっと短かかった。植えるほうは気苦労が多いのだが、切開をしないので縫う事もなく患者さんにとっては楽な方法である。

2005年03月16日(水) 
スタッフの家族が病気で欠勤。人数が一人足りない上に、予約外の電話が多い日であった。通常、緊急性の無い症状の場合は後日に予約をお願いするのだが、今日の電話の患者さんは痛みを訴える方が多い。応急処置だけでもと思って、アポイントをお取りすると3人が3人とも歯髄炎をおこしていた。保険の請求を行うとき、あまりに同じ処置が重なると、その正当性を疑われたりする事があるのだが、全く初診で連続3人が歯髄炎というのは初めての経験であった。よほど、日が悪かったのか、それとも季節の変り目で皆さん体調が悪かったのだろうか。

2005年03月15日(火) 
高校の同窓会で月の第3火曜日に不定期に集まって酒を飲むという「参火会」という集まりがある。今年はずっと無かったのだが、急遽、同窓会の某会長の呼びかけで開催が決定された。インフルエンザが流行っていて、数名ダウンしていたが10数名が集まる。卒業以来、ほとんどが別の道に進んだ仲間だが、飲み始めると瞬時に25年前に戻ってしまう。昔と違うのは体力が落ちた分だけ分別がついてきたのか、度を過ごす少し手前でお開きになる。昔なら最後にラーメンを食べて帰ったところだが、代わりに素麺を食べて帰宅。今年初めての茗荷の効いた素麺がことのほか美味でした。

2005年03月14日(月) 
普段のメールの読み書きや発表用の原稿、スライドの作成はiBookでやっているのだが、患者さんの紹介状はWindows XPのMicrosoft Wordを使っている。以前に比べるとずいぶんマシにはなったのだが、歯科用語というのは辞書に入っていない事が多い、膿瘍切開とか瘻孔形成なんて画数の多い専門用語は絶対に手書きしたくは無い。ことえりの辞書には5000語ほど登録した歯科用語辞書が入れてある。これはもともとNIFTYのFDNTフォーラムでダウンロードさせていただいたものを元に長い間かけて鍛えた辞書である。これをテキスト形式で書き出して、WindowsのMSIMEに読ませれば良いのだが、MSIMEの読み込みメニューにはことえりが無い。試しに読み込ませてみたら、認識してくれなかった。
 ことえりのテキスト出力ファイルのフォーマットは
"のうようせっかい","膿瘍切開","サ変名詞"という形式なのだがMSIMEだと、
のうようせっかい<タブ>膿瘍切開<タブ>さ変名詞という形式になる
あと、ことえりからの出力はディフォルトではUNICODEなのでそのまま出力すると変換が必要に
なる。
 もしかして、同じ悩みを持っている人もいるかもしれないので、簡単に手順を書いておく。
1.ことえりの「単語登録/辞書編集」を開く。
2.メニューバーの「辞書メニュー」から「テキストに書き出す....」
3.適当な名前をつけて保存
4.保存したファイルをWindowsへ送る(Windowファイル共有が便利)
5.WindowsでMicrosoft Wordで開く
6.編集メニューの置換で"(ダブルクォーテーション)を検索してすべて消去
7.同じく「サ変」を「さ変」に「普通名詞」を「名詞」に変換
8.「,」をタブに変換して保存

MacからWindowsへの乗り換えという人もいるだろうに、ことえりの外部辞書を直接読めるようにできないものだろうか>Microsoftさん

2005年03月13日(日) 
昨日、遅くまで飲み過ぎたのと花粉症でダウン。終日、家で過ごす。

2005年03月12日(土) 
長崎大学歯学部同窓会にてスタッフと救急救命講習会を開催。もちろん、大学時代から何度も練習はしているのだが、幸い実際に役に立った事はない。プロトコール(手順)なども微妙に変わってきているので時々はおさらいが必要である。講師は中央消防署の救急救命士のみなさんに来ていただいた。学生時代に実習したとき、私は肺活量が大きいので思いっきり息を吹き込んで「前田、風船じゃないんだからな!」と外科の先生に怒られたのだが、今回もちょっと膨らませすぎてしまった。やはり難しいです。実習後、坪井の江戸宝寿司にて懇親会。お腹いっぱいになってしまった。

過去ログ 2003年02月 03月 04月 05月 06月 07月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 09月 

一覧 / 検索
このページに掲載されている本の表紙、CD、DVDのジャケット写真の著作権はそれぞれの販売元にあります。当ページではアマゾンのアソシエートプログラムに参加することによって、これらを使用する許諾を得ています。