日記
[ホームへ戻る] [院長室へ戻る]
過去ログ 2003年02月 03月 04月 05月 06月 07月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 09月 

2003年03月31日(月)  レセプト印刷
 今日で3月も終わり。今年も1/4終わってしまったと思うとずいぶん早い。月末と言えばまたレセプト処理の時期。仕事が終わったあと、レセプトの印刷をして遅くなったら、子供達が夕食を作っていてくれた。
 メニューはカレーライス。ふぞろいのジャガイモのカレーを食べながら、子供も随分大きくなったものだとしみじみ思った。

2003年03月30日(日)  行橋
 用事で福岡の行橋まで出かける。熊本駅からJR、博多で乗換て大分行きのソニックにて行橋。それぞれ、乗換もあわせると片道3時間づつJRに乗っていた。移動中読んでいたのはトマス=ハリスの「レッドドラゴン」上下とスティーヴン=キングのドリームキャッチャー〈1〉久々にゆっくりと本が読めた。

2003年03月29日(土)  カウチポテト
 久しぶりにゆっくりした土曜日。DVDで映画を見て過ごす。一本目は「千と千尋の神隠し」二本目はハリーポッター。合間にドリトスにサルサディップをつけて食べながらコーラを飲んだりして、気分はすっかりカウチポテトな一日であった。

2003年03月28日(金)  カンマ−フィルハーモニー
 仕事が終わって、家族揃って私のチェロの先生が主宰するカンマ−フィルハーモニーの演奏会に行く。場所は玉姫殿のチャペル。玉姫殿のチャペル?と行く迄は???であったが、なかなか本格的な建物でびっくりした。天井の高いホールでの演奏は残響も良く演奏自体も楽しめた。演奏会が終了してコーヒーとケーキまでごちそうになってしまった。毎月、第2と第4金曜日の7時から世安の玉姫殿のチャペルで開催予定。

 コンサートが終わって、タイ、ラオス料理のシンカムで夕食。グリーンカレーやトムヤムクンなど、沢山食べてお腹一杯になった。

2003年03月27日(木)  スクリーン
 初期不良でメーカーに返送したプロジェクタの交換品が届いた。さっそく、スクリーンを壁にとりつけて試写。50%グレー面を表にしてみたが、黒がしまって良い感じであった。ホワイト面も試してみたいのだが、幅が2mもあると取り回しは簡単ではない。取り付けただけで疲れてしまった。

2003年03月26日(水)  チェロレッスン
 前回までの課題曲は一応、終了という事になったので?新しい曲にうつる。私の場合、楽譜を読むとか初見で弾くとかいう能力は、おそらく小学生の頃にピークがあって、もはやほとんど無いに等しい。あの頃はなんで、楽譜を読むのに苦がなかったんだろう?
 最後には先生に弾いてもらってようやく曲の感じをつかめたけが、明日からまた練習が大変。

2003年03月25日(火)  金持ちA様x貧乏B様
 家に帰って来ると、さっそくCD playerのスイッチを入れてだらだらと音楽を聞いてしまう。ついつい油断していると、一日、ニュースも見ずに終わってしまう。
 そんな中、欠かさず見てしまうのが、毎週火曜日の22:54からNTV系列でやっている、おすぎとピーコの金持ちA様x貧乏B様。やっぱり、多大な収入を得ている人はそれなりの努力と工夫をしているものだと感心してしまう。例外はあるみたいだけれど。

2003年03月24日(月)  CDの整理
 昨日につづいて、CDの装填。ほぼ150枚程を入れる。CD棚の奥のほうに入っていたCDを出してくると、懐かしさのあまりついつい再生してしまう。なかなか先に進まない。20年近く前に買ったフィッシャーディスカウのシューベルト:歌曲集 冬の旅
は、昔、うっかり傷をつけたらしく長く再生不能であったのだが、新しいプレイヤーだとノイズも無く再生できてしまった。最盛期のディスカウが母国語で歌う冬の旅は変わらず艶やかであった。ムーアのピアノ伴奏もたまらなく良い。
cover

2003年03月23日(日)  Dr. Vense
 昨日に引続き、講演会で福岡滞在。いつも福岡のセミナーのときは10時開始なのだが、今日は9時から。いつもの時間に起きたので朝食を食べそこなった。Dr. VenseはChicago近郊の審美歯科医なのだが、臨床のconcept自体は我々SJCDのメンバーと共通している。これがgloval standardというものなのか。
 今回の講演は逐次通訳がついたのだが、聴衆にわかりやすくしようという配慮?なのか、勝手に言葉を補う人で困った。その上、時々通訳を間違えてしまい、自分のバイアスで強引に話を進めてしまう。おそらく、今回の講演で日本語訳だけを聞いていると内容の半分以下しか伝わらなかったのではないだろうか。プロの通訳でも、だいたい30分ほどで交代する事が多いのだが、午前と午後の講演を連続してひとりの通訳で行なったので、無理だったのかも?と思った。
 JRで帰宅してみると、CDプレイヤーがもう届いていた。試しに数枚のCDを入れて再生してみる。ずいぶん音がちがうのでびっくりする。

2003年03月22日(土)  301枚CDチェンジャー
 福岡滞在。今日のSJCDの会員発表は14:00からなので、ゆっくり朝食をとって100円バスに乗って駅前のヨドバシカメラへ。パイオニアの301枚CDチェンジャーを買う。持って帰ろうか?と考えたが、巨大な本体だし、送料1100円なので送ってもらう。
 午後はSJCD福岡10周年記念講演会。半分ほどの先生がコンピューターでのプレゼンテーションだったが、液晶プロジェクタの色が悪くて少し残念。
 レセプション終了後、近所のW先生とshot barへ。車とバイクの話しで盛り上がる。

2003年03月21日(金)  KOデンタル30周年
KOデンタル30周年の記念講演会。朝、6時起でJRに乗って福岡へ。会場は天神のアクロスなので駅から地下鉄。SJCDの木原先生、土屋先生の治療のコンセプトはすんなりと頭に入る。と、言うより共通のback groundに基づいて治療を行っているので良く理解できる。会場で大学の同級生で同じ下宿だったN先生に久しぶりに会う。翌日は、福岡SJCDの10周年記念講演会なので、福岡泊。

2003年03月20日(木)  フィガロの結婚
 安価なスクリーンメーカーのPureVisionへELPプロジェクタのためのスクリーンを注文。本当は、120インチのスクリーンが欲しかったが、邪魔になりそうなので、100インチのスクリーンを注文。投射のサイズを計るために、フィガロの結婚のDVDを投射してみる。大きなサイズで映してみると、ドンクルッオのペンダントの中に「ロジーナ」と刻み込んであるのが判ったりして面白い。古い29インチのテレビで見ていると結構、見のがしている部分が多いと思う。例によって、オペラのDVDをみてしまうとついつい時間が過ぎて子供達が寝るのがまた遅くなってしまった。
3幕目の最初を少し見て寝る。
cover

2003年03月19日(水) 
 チェロレッスン。なぜだか、先生から「そうそう、その通り」と誉めてもらった。もしかして、先生、このページを読んでいません?
 帰って気を取り直して?ミッシャマイスキーのチェロ名曲集を聞く。どうやったら、こんなに美しい音がでるのだろう。このCDの中ではカザルス編曲の「鳥の歌」が一番好きである。
cover(正道館の角田館長に似てないだろうか?)

2003年03月18日(火) 
 風邪は治ったのだが、冷たい空気を吸ったりすると咳が出る。残念ながらテニスレッスンはお休み。家で明日のレッスンに備えてチェロの練習。相変わらずの「その日暮し練習法」である。

2003年03月17日(月) 
 アマゾン に注文していた誰でも簡単、10割蕎麦が届く。在庫が無かったので、ちょっと忘れかけていた時に届くとなんだかプレゼントを貰ったみたいで、逆にうれしかったりする。蕎麦は大好きで自分で蕎麦打ちに挑戦してみたかったのだが、「水回し3年」と言われるとちょっと、とっつきにくかった。著者の瀧澤 南海雄氏は経験と勘の世界であった、蕎麦打ちのメカニズムを科学的に解明し、だれでも手順さえ守ればおいしい10割蕎麦を打てるというのがスゴイ!
 さっそく、そば粉を探して実践してみたい。

cover

2003年03月16日(日) 
 プロジェクタを買ったがスクリーンがない。取りあえず、甲玉堂でA1のコート紙を2枚買って両面テープで張り合わせて壁に張る。結構、なんとかなるレベル。試しにDVDでモーツアルトのオペラドン・ジョバンニを見る。テレビで見ると潰れていた冒頭の夜のシーンの背景が良くわかる。さすが、DLPの実力か?逆に、明るいシーンでは白が飛んでしまう。おそらく、映画にはコート紙ではなくマット紙のほうが向いていると思う。ちょっとだけ見るつもりがまた、最期まで見てしまった。
 昼は甲玉堂に行ったついでにこむらさきで特製チャーシューの中盛りを食べてお腹一杯になった。こむらさきの「王様ラーメン」も好きだが、特製チャーシューの厚いチャーシューが大好きなのである。
cover

2003年03月15日(土)  液晶プロジェクタ
4957180036151.jpg 160×120 13K スタッフから頼まれて、ダイソーへキッチンタイマーを買いに行く。セメントや印象の硬化時間を計るのに、タイマーは必需品。印象のトレーを押さえていて、「もう4分たったか?」と思って時計を見ると大体2分ぐらいしか経過していない。精度の高い印象のためには、正確な時間が重要。
 しかし、開業したときには1個千円で買っても「お買得」だったのが、わずか7年の間に百円になってしまった。中の水銀電池を取り替えるよりも新品を買ったほうが安上がりというのも恐ろしい。
 ダイソーの帰りにふと立ち寄ったアプライドでI/O DATAの液晶プロジェクタPJ-11XGAが198000円で売ってあった。店内のADSL接続のPCでkakaku.comをチェックしたら、最安値店より随分安い。衝動買いしてしまった。
 B5サイズのコンパクトボディで1100ANSIルーメンの明るいランプ、リアルXGA表示可能でしかもDLP。さっそく、持ち帰って試写してみたが、明るさ、コントラスト共に満足が行くものであった。
  夜は歯科関係のミーティングで外出。今日は、高校の同窓会のボーリング大会があったのに残念。

2003年03月14日(金)  タミフル
 娘が朝から38度の発熱でぐったりしていた。妻が病院に連れていったところ、インフルエンザだそうだ。品薄と言われていたタミフルだが、幸い近所の内科の先生のところには在庫があった。薬を飲んで、ぐっすり眠ったら夕方には熱も下がってすっかり回復。あまりによく効くのでびっくりした。
 そう言えば、子供の頃、「インフルエンザの特効薬を発明したらノーベル賞間違いなし!」なんて話しを聞いた事があったが、タミフルやリレンザを開発してもノーベル賞は貰ってないようだ。

2003年03月13日(木) 
 仕事が終わって、所用で植木まで出かける。帰りに「風風」で坦々麺を食べる。ごまの風味が良くて美味しかった。また、インターの近くの果物屋さんでデコポンと伊予柑を沢山買う。どちらも甘くて、香りが良くて美味しかった。

2003年03月12日(水)  ついに風邪に捕まる?
 いまいち、喉がすっきりしない。仕事が終わってから近所の内科の先生を受診。「どうされました?」と聞かれると、大学時代のポリクリのように、発症から今日に至る迄の現病歴をできるだけ、すっきりと説明しなくてはと、ついつい思う。ところが、最初から言うべき事をまとめておかないとなかなか難しい。つい、「そう言えば、2日前から抗生物質飲んでました。」と後戻りしてしまう。田上先生、ごめんなさい。
 夕食後、ちょっと微熱が出て来たがザ・プロフィット...を読み終えて早めに就寝。

2003年03月11日(火) 
私を除いて家族全員が風邪をひいていたのだが、ついに最後に私に来てしまった。喉がイガイガするぐらいでたいした事はないが、大事を取ってテニスレッスンはお休み。ザ・プロフィット...を少し読んで早めに就寝。

2003年03月10日(月)  リゴレット
 仕事が終わって家に帰ったらアマゾンに注文したリゴレットのDVDが届いていた。若き日のルチアーノ・パヴァロッティ演ずるマントヴァ公爵もグルベローヴァのジルダ(リゴレットの娘)も役柄にぴったり。オペラ映画なので、実際にマントヴァで収録されたという映像もすばらしい。イタリアに行きたくなってしまう。家族でつい最期まで見てしまったので、子供達が寝るのが遅くなってしまった。
cover

2003年03月09日(日) 
 医院で使う患者さん用の資料などを作って過ごす。PM2000CでA470枚ほど印刷したら、カートリッジが1日で無くなってしまった。近所のダイレックスで買う。1200円。こんなものまでディスカウントストアに売っているとは便利な世の中である。
 発表会が近いため、娘は今日もバレエレッスン。迎えに行ったついでに健軍の「あかつき」でラーメン。初めてであったが、トンコツがベースの熊本らしいラーメン。なかなかおいしい。
 家族は皆少し風邪気味らしく、体調が悪いようだ。私一人、なぜだか快調。近所の明林堂に行ってザ・プロフィット...購入。
 寝る前に少し、チェロの練習をして12時過ぎには就寝。規則正しい日曜日であった。

cover

2003年03月08日(土) 
 夕方、アプライドに行く、TEACのラミネーターOPL-10(\2980)とUSB接続のCF,SMのカードリーダ/ライタ(\1980)を買う。OPL-10はスイッチを入れてから使用可能になるまでの時間が結構長い。忘れた頃(15分後頃)に使用可能のサインが出る。ちょっと失敗か?
 そろそろ、今シーズン最期と思われるので暖炉に火を入れてガンガン薪を燃やす。火を焚くと家族全員、犬のエルまで暖炉の前に集まってしまう。もはやエルには野生の呼び声は無いようだ。
 たっぷりとおき火が出来たところで、ダッジオーブンにさつま芋を入れて暖炉の火格子の上に直接置く。蓋にも、おき火を乗せて1時間かけて石焼いもの完成。焼いも屋さんのお芋のようにほくほくして美味しい。エルもいつのまにか寄って来て分け前をせしめる。

2003年03月07日(金)  Plaza del Sol
 今日は結婚退職する衛生士さんの最期の勤務日。おめでたい事で嬉しいのだが、同時に少し寂しい。幸せを祈って皆でお別れ。

 ひさしぶりに家族でメキシコ料理:Plaza del Solで夕食。この店の料理は何を食べてもハズレは無い。今日は好物のパストールがメニューにあったので、子供達もひとり一個ずつお願いして、喜んで食べていた。10年程前に、アカプルコで開催されたIADR学会に出席した時、初めてパストールを食べたのだが、それに負けないぐらい美味しい。帰りにスタバでラテ。
 帰宅後チェロの練習を試みるが、テキーラで酔っぱらっていて断念。日記を書きながらベートーベンの弦楽四重奏。四重奏の一員になれるのはいつの日か?
cover

2003年03月06日(木)  Matthaeum Passion
 昨日のレッスンの反省点を踏まえて、ひたすら練習。でも、簡単には上手くなる訳もなく、少々へこむ。
 悲しい時にはウィルヘルム・フルトヴェングラー指揮のバッハ:マタイ受難曲を聞くと少し心が落ち着く。大学時代、定期試験の勉強をしながら何度もレコードを聞いたものだ。たしかに録音は古いがフルトヴェングラーのバッハには何か心に響くものがあるように思う。フルトヴェングラー以外だとカールリヒターのバッハ:マタイ受難曲も好きだ。こちらのほうは録音状態が良好。高校時代、初めてこのレコードを聞いた時、本当に涙が出るほど感動した。以来、何度も聞くが最近は心動かされるものの涙が出る事は無い。大人になるってこんな事なのだろうか?
covercover

2003年03月05日(水)  小泉家のおやじ
 チェロレッスン。なんとか課題の曲は弾けるのは弾けるのだが、どうも思うような音が出ない。解放弦と押さえている弦の音の違いがでないようにというのはなかなか難しい。
 夕食後、テーブルの上にあった子供が読んでいたマンガ:小泉家のおやじ 1 (1)てんとう虫コミックススペシャルが結構おもしろくて、全部読んでしまった。総理大臣の小泉ジュンイチローと息子のコータローが出てくるのだが、時事ネタが多い。恐るべし、最近の小学生である。

2003年03月04日(火)  ピザと世界の?引っ越し
 衛生士さんがひとり新しく入ったので、今日のお昼はスタッフにピザをごちそう。なぜだか、前田歯科医院では新入の職員が入ると全員でピザを食べる「習わし」がある。アメリカに住んでいた時、引っ越しの手伝いに行くとピザをごちそうして貰った名残りか?昼から、院内はちょっとチーズの匂いが漂っていたかもしれない。

 アメリカにいた時のお引っ越しというと、友だちに声をかけて日曜日に集まり、U-Haulでトラックを借りておいて自分で運転して引っ越しするのが一般的なスタイルであった。大学にはいろいろな国の人がいたので、引っ越しの準備にも国民性があらわれるように思った。
 ポーランド人の引っ越しはきっちり荷造りしてあって、中身が箱の表面にマジックで書いてあって、新しい家のどの部屋へ行くべきかという指示までしてあって感心した。でも、master bed roomへという箱が多すぎて部屋に入りきらず、計画倒れという感が無きにしも有らずというところであった。
 イスラムの友人の引っ越しはイスラムの友人5、6人と私に声をかけたらしいのだが、手伝いに来たのは私ともう一人のイスラム人だけであった。今いち計画性もないけど、あせらずのんびりとやっているうちに夜になってしまった。なんだかしらないが、カレー風味のすごくおいしい魚料理が出て来て、いつのまにか宴会になってしまった。もちろん、酒は飲まないが結構楽しかった。あ、そう言えば奥さんが一度も姿を見せないのもイスラムっぽい感じであった。
 他に、中国人や韓国人、スペイン人のお引っ越しの手伝いにも行ったのだが、この続きはまた近日公開したい。

2003年03月03日(月)  口内炎
 土曜日の懇親会で食べ過ぎたせいか、口内炎が出来て痛い。実はこんな時のために、特効薬がある。アメリカの歯科材料の通販の会社から買ったのだが、口内炎にはてきめんに効く。残念ながら厚生労働省に認可されていないので、自分やスタッフに使う事しかできない。口内炎に塗るとその日のうちには痛みが止まり、翌日には治っている。
でも、難点が一つある。それは口内炎に塗ると死ぬ程痛い!
 最初に試したうちのスタッフは「そんな、大丈夫ですよ。」と言って笑っていたが、塗ったら余りの痛さに泣いていた。技工士さんに塗ったら「ヒー」と言ったきり絶句していた。それでも良く効くので口内炎が出来ると皆使っている。
 患者さんにはレーザーを使って口内炎の治療をしているが、治るのに「特効薬」より一日二日ぐらいは長くかかる。どうも、私も含めてうちのスタッフはチャレンジャーが多いのかもしれない。
 久しぶりの雨で、午前中は患者さんのキャンセルが数人あった。

2003年03月02日(日)  ミッシャ マイスキーの無伴奏チェロ組曲
 今日も研修会二日目。最新のインプラントの技術は年々ではなく、日々進歩している。術式も日々簡単になり、それによって確実性が増している事を実感した。
 研修会終了後、ベスト電気でCDを買う。ミッシャ マイスキーのバッハ : 無伴奏チェロ組曲Yo-Yo Ma & Bobby McFerrin: Hush。ヤーノ シュタルケルのドヴォルザーク:チェロ協奏曲
。普段はヨーヨーマのCDをよく聞いているのだが、感情を激しく表現するようなミッシャーマイスキーの無伴奏チェロもなかなか良い。
covercover

2003年03月01日(土) 
 午後は東京から講師の先生をお招きしてインプラントの研修会。私も症例発表。最近、症例発表はPowerPointを使うので、行きのタクシーの中で必要な画像を張り込むだけで準備が終わってしまう。何日も前からスライドを組んでいた頃の苦労がウソみたいだ。
 研修会一日目が終わって、講師の先生を囲んで懇親会。馬刺しがおいしかった。

過去ログ 2003年02月 03月 04月 05月 06月 07月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 09月 

一覧 / 検索
このページに掲載されている本の表紙、CD、DVDのジャケット写真の著作権はそれぞれの販売元にあります。当ページではアマゾンのアソシエートプログラムに参加することによって、これらを使用する許諾を得ています。