日記
[ホームへ戻る] [院長室へ戻る]
過去ログ 2003年02月 03月 04月 05月 06月 07月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 09月 

2003年05月31日(土) 
 今日は5月最終日。妻は医院でレセプトの印刷。長男は塾で明日のテストの勉強。という訳で家でチェロの練習。今度の練習曲はAllegro Moderate。えっ、ひょっとして♪=120? 到底無理なので♪=60ぐらいから始める。
移弦の練習曲なので右手が難しい。気が付いたら3時間ぐらい練習していた。以前は根を詰めて練習するとすぐ指の皮が剥けたりしていた。最近、少し硬くなったのか剥ける事はないが、ちょっと指がだるくなった。

2003年05月30日(金) 
 自宅を建てていただいた工務店の方と庭のデッキの補修工事の打ち合わせ。モッコウバラが茂りすぎて、土台の木が腐り始めている。
 台風が近付いているようで、風が強い。雨も降っているので犬の散歩にも行けない。しかし、まだ5月というのにもう、台風とは。これも異常気象だろうか。ずっと雨がちの天気で楽器が湿っているのかD線の鳴りが悪いように思う。先日張り替えたa線はようやくおちついて来たようだ。Larsenは落ち着くまで1週間かかるという話も聞くのでもう少しだろうか。今度、松脂もLarsenを買ってみようと思う。

2003年05月29日(木) 
 自宅で使っているHPの4LJProが動かなくなる。紙送りの駆動モーターから異音がでている。実は、以前にも診療室で同じプリンタを使っていたのだが、全く同じ故障で動かなくなった。HPに修理の見積もりをとったらモーターユニットの交換で7万円だった。その時の4LJProはすぐに廃棄してEPSONのレーザープリンタを買ったのだが、これはレセプト印刷用の予備にYahoo auctionで2万円で買ったプリンタがまた壊れた。
 もともとの定価は30万円近かったと記憶しているので、修理に7万円かかってもしょうがないかとは思う。でも、HPのカタログや説明書を見ると、しきりに「環境にやさしい」をアピールしている。本当に環境に優しいプリンタなら、消耗する恐れのある部品はできるだけ簡単に交換できるように設計するのが本当ではないだろうか。廃棄する時、リサイクルしやすく作るより、長く使えるほうがずっとエコロジックではないの?と思うがどうであろうか。口先だけでは何とでも言えるが、大きな会社のdouble standardを見たようで非常に後味がわるい。きっと、HPのプリンタを買う事はもう2度とないであろう。

2003年05月28日(水) 
 チェロレッスン。なのに、妻がなかなか帰宅しない。帰宅しないと車が無いのでレッスンに行けない。いつもは、早めに家を出るのだが、今日は到着がぎりぎりであった。
 内心の動揺のせいかスケールで音程が決まらない。チェロは結構メンタルに影響されるものだ。今回の課題は易しかったのか、一回で「じゃ、つぎの課題いきましょうか。」という事になった。次の課題はちょっと長い、果たして大丈夫だろうか。

2003年05月27日(火) 
 テニスレッスン。週末の疲れが出たのか仕事が忙しかったからか、ちょっと不調。サーブが決まらない。でも、スマッシュが一本だけスコーンと入ったのでこれで良しとしよう。帰宅して明日のレッスンに備えてチェロの練習。今週も調子がよさそう。課題曲がやさしかったという説もあるけど。

2003年05月26日(月) 
 いつもと変わらぬ月曜日。雨がふっていたのでキャンセルもあったが、予約外の患者さんも多かった。空き時間に昨日買った新・人体の不思議のCD-ROMを閲覧してみる。展示してあった標本はほとんどが網羅してあって、操作性も良い。欲を言えばQTVRでぐるぐる回して見れればもっと良かったかも。

2003年05月25日(日) 
hyoshi-picture.jpg 99×139 16K 家族で福岡市博物館へ人体の不思議展を見に行く。すべての標本というか人体は水分を樹脂に置き換えるプラストネーションという処置を施されており、弾力性を保ったままの状態を保っている。脳などの柔らかい組織はやや収縮して大きさが変わっているが、筋肉などはほぼ均整がとれた形を残している。浅部や深部の筋肉を見せたもの、消化器をみせたもの、呼吸器を見せたものなど、17、8体ほどの全身の人体標本と各部のパーツが展示されていた。小6の長男はちょうど理科でからだの仕組みを学んでいるところで、興味津々といった様子で標本をのぞきこんでいた。なにしろ、全身標本はケースに入っているわけでもないので360度どこからでも見る事ができる。大きな神経や筋、血管などは丁寧に剖出してあるので、非常に分かりやすい。
 私が解剖実習をやったのはもう20年以上前になのだが、頭頚部についてはまだ忘れていない。さすがに、上腕の筋肉などの名称は思い出せない部分も多かった。思い出せないと昔の解剖の口頭試問を思い出してちょっと緊張してしまう。
 学生時代、解剖実習の後はよく同級生と割勘で焼肉屋さんに行っていた。焼肉屋さんがおそくまでやっていたのと、ちょっと「度胸試し」みたいな意味もあった。ホルモンをたべながら「ほら、これが輪状ひだ」なんてやっていたのである。まったく、迷惑な学生でした。
 昔を思い出した訳ではないのだが、お昼はキャナルシティ近くの焼肉、大東園で焼肉。子供達もまったく気にせずに食べる。この調子なら解剖実習後の焼肉でも割勘負けしないだろう。

2003年05月24日(土) 
 仕事が終わって、切れたA線を買いに出かける。ヤーガーはA線のみ売り切れだったので、ラーセンを買う。D線も同じのを買うべきなのだが、某大谷楽器店は定価販売なので、後日インターネット通販で買う事にする。ついでに新しいチェロ奏法―身体に優しいチェロ演奏のためにを買う。長く練習をしていると腕や足腰?が痛くなってくるし、さらに無理をしていると指に力が入らなくなってくる。単に、体力が無いせいかと思っていたが、この本を読んでみるとどうも余分な力が入っていたのが原因のようだ。
 楽器屋さんの後、喜久屋書店に寄って奪還―引き裂かれた二十四年を買う。最初は平積みから取り上げてぱらぱらめくって読んでいたのだが、買えばちょっとでも蓮池さん達の手助けになるのかな?と思って買う。
 ちょうど、夕方だったので一階上の「ラーメン城下町」尾道ラーメンの「柿岡や」で特製ラーメン。和風の出汁の効いたラーメンであったが、ちょっと私には塩分が多かったようで後で喉が渇いた。
 
 帰ってさっそく、ラーセンのA線を張ってみる。小指の力が足りないのかDを弾く時に音の立ち上がりが「ふにゃ」とした感じになっていたのが、なんだかシャープになったように思う。D線もラーセンにしてみようかと思う。

covercover

2003年05月23日(金) 
 仕事も終わって雑用をすませ、今日は張り切ってチェロの練習!と、思っていたら弦も張り切ってしまったらしく、A線が切れてしまった。買い置きも無いのでインターネット通販で買おうかと思ったが到着までにどう考えても数日はかかる。先生に譲っていただくにしても次のレッスンは水曜日。明日、大谷楽器に買いに行く事にする。せっかく、チェロの練習しようと思って晩酌もしなかったのに、、、、
 しかたが無いので、アマゾンから届いた数字オンチの諸君!を読む。数学の入門書ではなく、数学的な知識を使って日常生活で定量的な物の見方をするという技術を養う本である。面白かった。

cover

2003年05月22日(木) 
 アマゾンに注文していた本が届く。待合室用にロダンのココロ。本の奥付を見て作者の内山氏が福岡県出身であることを知った。どうりで、時々ロダンが九州弁でつぶやいて?いる筈である。その辺に放置しておくと、うちの子供達が読みふけってしまいそうなので、早々に診療室に持って行く事にする。
 Notation softのnightingaleを使ってチェロの練習をしているのだが、別のソフトでやはり評判が良いFinale2003のデモ版をDLしてみる。残念ながらデータのセーブは出来ないのだが、それなりに使いやすい。Nightingaleはタイプ0のMIDIファイルを読み込めないのに対して、Finale2003は読み込み可能なのも良さそうである。たとえば、バッハの無伴奏チェロの譜面を一から入力するのはすごく大変なのだが、どなたかのHPからMIDIファイルをDLしてきて、変換できれば便利である。Nightingaleでもlightではなく正規版を買うと楽譜OCRソフトがついてくるらしいので、それも便利そうである。そのうち、どちらか買ってしまうかもしれない。

cover
6年前と今ではロダンの顔が少し違います

2003年05月21日(水) 
 今週は「待ちに待った」という感じでチェロレッスン。一回弾いて先生から「今日はなんだか調子が良いですね。」と、言われてしまった。つい、「練習しました。」と答えてしまいました。いつもなら弾けなかったところを繰り返し練習になるのだが、今日はクレッシェンドとデクレッシェンドの音量の練習。譜面を追えれば追えたで、なかなか奥は深いようだ。

2003年05月20日(火) 
 新しく買った、ハンドピース(歯を削ったりするドリルを回転させる部分)の内部洗浄をして注油をする機械の取り付け。圧搾空気とアルコールと潤滑油で内部を洗浄するのだが、なんだかおかしい。エアが出ていない。1時間ほどかかって結局、機械室のコンプレッサーの電源が切れている事に気が付く。気を取り直してスイッチを入れると今度は霧状のオイルが漏れてくる。蓋がきちんとしまっていないようだ。結局は初期不良と判り交換になってしまった。
 そんなこんなで、テニスレッスンに30分遅刻。でも、蒸し暑いので結構疲れた。
CARE3.jpg 250×349 49K

2003年05月19日(月) 
 昨日買ったMBをさっそく、組み込み!と思ったのだが、そこをぐっと堪えてチェロの練習。なんだか今回は非常に調子が良い。もしかして課題曲が異常にやさしいだけかもしれないのだが。調子に乗ってテンポを上げてみる。やはり早くなると指と弓がついて行かないようだ。

2003年05月18日(日) 
今日は休みで天気も良いのだが、娘のバレエの特別レッスンでどこにも行けない。で、娘をバレエスタジオへ送って行った後、久しぶりにアプライドへと向かう。2.0GHzのPen4も随分安い。Pen4のMBも1万円を切るものも出ている。DDRもかなりお手ごろな価格。
 という訳で帰りにはそれぞれ9800円のCeleronとMB、3980円のDDRを抱えて帰っていた。どのケースに組み込むかはまだ決めていません。

2003年05月17日(土) 
 レッスンのダメージから回復してきて、練習再開。次の課題曲はリズムとbowingのタイミングが難しそう。Nightingaleに打ち込んで再生しながら練習してみる。なかなか良い感じだが、ほんとうに拍が合っているのかがちょっと不安である。iBookで再生しながら同時に弾いてみる。
なんだか、音程がおかしい。普段A3=442Hzでチューニングしているのだが、iBookのOMS(Open music system)で再生するとA3=440Hzに固定されている。色々、設定を試したが結局、442Hzには出来ない。それならと、チェロを440Hzにチューニングして練習。途中で失敗しても待ってくれないのが難点だが、だんだんタイミングがつかめてくるようになってきた。

2003年05月16日(金) 
 新しく入ったスタッフの歓迎会。第一空港線のマガーリ。去年の歓迎会もマガーリだったが、スタッフのリクエストで今年もマガーリに決定。かなり本格的なイタリア料理である。あまりに美味しかったのでちょっと食べ過ぎて苦しい。おいしいワインも飲み過ぎてチェロの練習はお休み。

2003年05月15日(木) 
 今日の夕食はピザ。さっそく、昨日買ったワインをあける。千円ほどのチリワインなのだが、なかなかいける。安い赤ワインを良く冷やして飲むのが好きだったりする。
 酔っぱらっていても一応、チェロの練習を試みるが諦めて早めに就寝。

2003年05月14日(水) 
 チェロレッスン。今回の課題曲を弾いたら、いつもの「まあ、こんなものでしょう。」ではなく、「うーーーん」(全休符)「まあ、こんなものでしょう。」であった。ちょっとくやしい。
 レッスンの帰りに地域医療センターの前の「飛鳥」で家で飲む安いワインを6本ほど買う。Louis Jadotが1500円は安い?
 帰宅して、妻と犬の散歩にでたら、帰り道にひどい雨が降って来た。ちょうどダイレックスの近くだったので、傘を一本買って歩いて帰る。

2003年05月13日(火) 
 久しぶりにテニス。なんだかちょっと調子が出ない。

2003年05月12日(月) 
 週明けだけあって、非常に忙しい。毎週、毎週、同じ事を書いているが、ほんとうに忙しい。予約の患者さんだけなら大丈夫なのだが、急患の患者さんが多い。今日は雨だったので、当日キャンセルもあったのだが、忙しい時間に限って患者さんが来院される。皆様、できれば来院される前にお電話をいただければ有り難いです。
 週末、福岡にいたのでチェロの練習をしていなかったので、がんばって練習。なんだか、2日のブランクの間に熟成?したのか、意外とスムースに弾ける。たまには、お休みも重要?と思った。

2003年05月11日(日) 
 昨日に引続き、福岡。インプラントと画像診断のセミナーの基調講演会。会場は昨日のデンタルショーのお隣のホールなので、道に迷わず到着。念のため少し早めに出たら、私が一番乗りでした。

 昔はインプラントは経験と勘でエイヤッと植えていたらしいが、もちろんトラブルもあったようだ。私達の世代になると、最初から画像診断やtop down treatmentの重要性を学んでインプラントを導入しているのだが、時代はさらに進んでいる。新しいCTや3Dソフトによって、難しいとされていた症例にもインプラントの応用範囲が広がろうとしている。来月から1年間のセミナーが楽しみである。

2003年05月10日(土)  デンタルショー
 福岡で開催されたデンタルショーを見に行く。デンタルショーとは歯科関係の見本市のようなもので、各メーカーが新製品等を展示する。普段カタログでしか見ることが出来ない機械類を実際に手にとって見るチャンスである。いくつかのブースをまわって資料やカタログを手に入れた。また、メーカーの営業ではなく技術の人が説明をしてくれる事もあるので、実際に自分が使っている機械の使い勝手や改良して欲しい所などを直接伝えるチャンスでもある。
 いままでに、いくつかのメーカーに提案をして、実際に改良をしてもらったこともある。そのようなフィードバックに熱心なメーカーの製品は安心して使える。我が身に置き換えると患者さんの言うことはきちんと聞くべきであろうと思う。
 夜は家族で福岡泊。

2003年05月09日(金) 
 工務店の方と庭のデッキの作り替えについて打ち合わせ。自宅の庭には木製のデッキがあるのだが、長い間に腐ってしまった。危ないので、一度全部取り払ってもらったのだが、無いと非常に不便である。家族で、誰がいちばん不便を被っているかと言うと、犬のエルであろう。エルはコーギーで足が短いので段差が苦手である。デッキが無いと下の地面まで60cm程の段差を昇り降りできない。エルを庭に出す時はいちいち抱えて運んでやらなくてはならない。いままで、天気が良い日曜日などは、デッキの上に折り畳みのテーブルを出して朝食を食べたりしていたのだが、それも出来ない。

 はやく、デッキを再建しなくては。

2003年05月08日(木) 
 診療終了後、歯科医師会の学術委員会の会合で歯科医師会館へ。
 来年開催される学術講演会の内容について打ち合わせ。どちらかと言うと講演会自体より、お弁当の手配とか参加者の交通手段の確保などの雑用のほうが大変。次回の打ち合わせの日程を決めて散会するが、次回の参加者へはメールで連絡するように手配する。ところが、一人だけ携帯のメールもPCのメールも使えないメンバーがいる事がわかる。今どき、かえって珍しい人かもしれない。

2003年05月07日(水) 
 昼休みもチェロの練習。スラー、スタッカート、スラー、スタッカート、弓先、弓元と使うbowingが上手くできないし、なんとなくスタッカートの切れが悪い?練習曲のほうはまだまだだったが、パーセルの曲のほうは一応合格。次回からは次の曲へという事になった。
 帰ってまた練習してから寝る。

2003年05月06日(火) 
 連休明けだけあって、予約外の患者さんが多くて忙しい一日。本当に疲れた。
 連休中、練習が不足していたので、昼休みにもチェロの練習。帰って夕食前にも練習。でも、チェロを弾いていると不思議と心が落ち着く。

2003年05月05日(月)  潮干狩り
 家族で横島へ潮干狩りに出かける。入漁料大人1200円、子供500円を支払い干潟へ。あまり潮が良く無かったので、干潮の時間の前後1時間ほどしか潮干狩りができなかったが、バケツにほとんど一杯のアサリが取れた。
 2日も続けて足腰を酷使したので、ふくらはぎがぱんぱんに腫れて痛かった。筋肉の疲れを取るには温泉、という訳で帰路に天水の「草枕温泉」に立ち寄る。この季節の天水町は街全体が蜜柑の花の香りに包まれている。露天風呂に入って密柑山を渡る風に吹かれていると気持ちが安らぐ。有意義な一日であった。

2003年05月04日(日) 
 連休2日目。中央町の日本一の石段(3333段、標高差650m)に家族で出かける。犬のエルも連れて行きたかったのだが、足の短いコーギーに階段の昇り降りは酷だろうと家で留守番。今日は曇っていたのでそれ程暑くはなく、ゆっくりと登ったが1時間程で頂上の展望台に到着。ややもすると小学校6年生の長男に置いて行かれそうになる。子供は成長し、親は年を取るものだ。4年前に初めて登った時に途中で泣き出しておぶって登った長女もどんどん登る。子供は成長し、親は年を取るものだ。
 頂上でお弁当を食べて、誕生院にお参りしてから下山。少し雨がぱらついていたが、下りはすいすいと降りて行く。雨で濡れた階段で転ばないかとちょっと恐かった。
 夕食は泉村で10割蕎麦のお店「かわせみ」で蕎麦。ひきたて、打ち立て、ゆでたての蕎麦は風味があって美味しい。ちょうど閉店間際だったので御主人にいろいろとお話を聞かせていただいた。
 帰宅してちょっと疲れていたので、今日は楽しい娯楽映画チャーリーズエンジェルを見る。懐かしいTVシリーズの映画リメイク版だが他の映画のパロディやポップな色使い、香港映画仕込みのワイヤーアクションなど、本当に楽しい映画であった。
 

2003年05月03日(土) 
 連休後半初日だが、レセプトの発行などで忙しいので終日、家で過ごす。夜はDVDでオー・ブラザー!""O BROTHER,WHERE ART THOU?""を見る。いわゆるロード−ムービーだが、ジョージクルニーがドジな詐欺師の役を好演している。南部アメリカの景色も良いし、全編に流れるカントリーミュージックが映像にぴったり。
 アマゾンの3%割り引きは5日迄なので、もう一枚、ヴェルディのオペラ、アイーダを注文。特別セール中とは言え、オペラのDVDが2800円とは安い。

cover

2003年05月02日(金) 
 明日からいよいよ連休後半に突入。
今日は夜更しして先日届いたヴェルディ:椿姫を見る。1994年の作品だけあって映像も綺麗だし、ヴィオレッタ役のアンジェラ・ゲオルギューの可憐な美しさも役にぴったり。2幕目で寝ようねと約束していたが、子供達も最後まで飽きずに見ていた。
 しかし、よく結婚式などで使われる有名な乾杯の歌だが、これは娼館でのパーティの場面の歌である。決して結婚式向きではないと思っていたのだが、字幕を見るとやはりアブナイ部分があった。特に、「この世界で快楽の他にはみんなおろかなもの/楽しみましょう、愛の歓びは儚く一夜のもの」というあたりはこれから結婚する二人には相応しくないように思うけどどうでしょう?
coverこれは3幕目の黒いドレス。個人的には1幕目の白いシフォンのドレスが好み?

2003年05月01日(木) 
 DVDでエボリューション ―...EVOLUTION COLLECTOR'S EDITIONを見る。X-filesのモルダー捜査官役のデイビッド・ドゥカブニーとハンニバルのクラリス役のジュリアン・ムーアが主演のSFというとSFホラーのようだが、実はSFコメディーであった。Evolution(進化)して行くエイリアンがなかなかの出来。でも、節足動物までは独創的なのに、爬虫類から霊長類に至るとちょっと類型的では?と思う。
 そんな事は別としてテンポも早くかなり笑える。連休中、お勧めの一本であった。
cover

過去ログ 2003年02月 03月 04月 05月 06月 07月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 09月 

一覧 / 検索
このページに掲載されている本の表紙、CD、DVDのジャケット写真の著作権はそれぞれの販売元にあります。当ページではアマゾンのアソシエートプログラムに参加することによって、これらを使用する許諾を得ています。