日記
[ホームへ戻る] [院長室へ戻る]
過去ログ 2003年02月 03月 04月 05月 06月 07月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 09月 

2004年10月31日(日) 
昨日買った部品を早速組む。最近のケースはほとんどねじが必要ない。説明書がちょっと不親切だが、まあ、なんとか完成。Windows XPのCD-ROMから起動するとあっさりと起動。本当に簡単になったものだ。HDDのフォーマットも無事終了してXPが立ち上がった。予想よりちょっとケースが大きかったので診療室のカートに乗るかどうかがちょっと心配だったりする。

2004年10月30日(土) 
診療室のデジタルレントゲンのクライアントPCの速度がどうも遅い。それまでは2年間、特に不満は無かったのだが、一台をCeleron2.4Ghzに変えて以来、他の3台の遅さを特に感じるようになった。さっそく、ステップアップPCに買い物に出かける。店主の冨田さんのおすすめで今回はSempron 2400+で組む。トータルで4万円ちょっと。HDDも1万円以下で160GBとは本当に安くなったものだ。

2004年10月29日(金) 
今日は娘のピアノのレッスンが遅くなって、珍しく私が家にいる時間にレッスンがあった。横で見ているとやりにくかろうとサンルームでチェロの練習をしていたのだが、こっそり様子を見てみた。娘に聞くと先生は厳しいとの事だが、優しく教えていただいているではないか。いっそ、私もチェロを止めてピアノに鞍替えしようかと思った(ウソです)

2004年10月28日(木) 
昨日のトリビアの泉で「校長先生のお話の種本がある」というのがあった。入学式や運動会、はたまた自分の退任の挨拶まで、校長先生がするべきお話の虎の巻が存在するというのだ。長女の通う小学校では今日は折り悪く??全校集会があったらしい。夕方、長女に聞いた話では校長先生のお話を聞きながら高学年の児童はくすくす笑っていたそうだ。そしたら、校長先生が「8割の校長先生はお話の種本を見ているそうですが、私は残りの2割、種本なんか見てません。」と言われたそうだ。校長先生もトリビアの泉がお好きだったんですね。

2004年10月27日(水) 
チェロレッスン。メヌエットIIの出だしで思いっきりつまづく。移弦がうまくできずに音が濁る。段々、焦って大変な事になってしまう。先生から「では、家で練習しておいてください。」と言われて、先に進んだ。家に帰って、トリビアの泉 など見て心を落ち着かせてから、もう一度弾いてみたらなんとか弾ける。どこがおかしかったのだろう?

2004年10月26日(火) 
診療室のPCにWindows XPのSP2をインストール。セキュリティが向上したそうだ。インストールが終了して再起動してみるとセキュリティセンターが表示される。初期設定でファイヤーウォールはオンだし、自動更新もオンになっている。これは良いのだが、ウィルススキャンは別に市販のソフトウェアをインストールしないと「セキュリティに問題があります」と表示される。ウィルスに感染するのはOSにセキュリティホールがあるからで、OSとは別にウィルススキャンソフトをインストールしないとセキュリティに問題が出るような不完全なOSを売っていて良いのだろうか。本来はアンチウィルスソフトはマイクロソフトから無償で提供されるべきだと思うのだが、マイクロソフトに責任はないのだろうか?

2004年10月25日(月) 
いつもと変わらぬ忙しい月曜日。新潟はだんだん情報が入ってくるにつれて被害甚大であることが分かってくる。知り合いの先生からも妻の実家のお見舞いの電話やメールなど頂く。地震があって、たまたまその地域にいて建物が崩壊して死ぬかどうかというのは確率の問題なのだが、亡くなった方にとっては生きているか亡くなったか0か100かという事になる。「シュレディンガーの猫」の箱が開いた時、生死が判別するのだが、我々自身もまた箱の中に生活している事を忘れてはならないと思う。

2004年10月24日(日) 
講演2日目。この会場にはワイヤレスのLAN環境が2系統もあって、接続ができる。講演会場でインターネットに接続できると、講師の先生の話に出てきた論文を即座にPubmedで検索するなどという事も出来て便利。講演終了後、駅前のヨドバシカメラでSonyの14インチ液晶テレビKLV-14AP2 を買う。あまり大きな箱でないし、JRなのでそのままお持ち帰り。ブラウン管のテレビに比べるとずいぶん薄いので診療室も少し広くなるかも?4901780895694.jpg 320×240 14K

2004年10月23日(土) 
インプラントの研修会で福岡へ。会場は渡辺通りの福岡トヨタ本社ビルの地下のスカラエスパシオ。天気が良いのに一日中、地下のホールで過ごしてしまった。このホールのロビーにはアンディ・ウォーホールの代表作の一つ「マリリンモンロー」のおそらくオリジナルが10枚組で展示してある。休憩時間にはしばし眺めて和む。夕方、地上に出てきたら新潟で大地震があって新幹線が脱線したらしいと聞く。妻の実家が新潟なので、あわてて電話をしてみたが、全員無事との事で安心する。kick4で福岡に来ていた高校時代の友人と久しぶりに夕食。熊本へ日帰りする友人を駅で見送って、熊本のW先生とご一緒に那珂川沿いのバーへ。ひさしぶりにカクテルとCigar。Andy_poster2.jpg 100×90 4K

2004年10月22日(金) 
久しぶりにPlaza del Solでメキシカン。週末はいつも多いのだが、運良くテーブルが空いていた。季節の牡蠣のオリーブオイル焼きを食べてちょっと舌をやけどしてしまった。

2004年10月21日(木) 
台風一過とはよく言ったもので、終日快晴。ようやく秋らしくなってくる。ニュースを見ると堤防が決壊したりして台風の被害はすさまじかったようだ。バスの屋根の上で一晩を明かしたお年寄りの団体もあとで水が引いた映像をみるとよく助かったものだと思う。

2004年10月20日(水) 
台風接近。最近、週の半ばになると台風が来るような気がする。鹿児島の南側を通過してこちらには被害がなかったのだが、岡山や兵庫では大きな被害がでた。大学時代の友人の実家の玉野市でも地滑りがあったようだ。大丈夫だろうか。チェロレッスン。メヌエットIはいろいろ難はあったが「良く仕上がってますね。」と珍しく褒めていただいた。気を良くして帰ってすぐおさらい。

2004年10月19日(火) 
ビクトリアンカラーを付けているエルは機嫌が悪い。薬を塗って少なくとも15分は傷をなめないようにカラーを付けていないといけないのだが、椅子の足にこすりつけてなんとか外そうとしている。仕方ないので、抱えてお腹を撫でていると、その間だけはおとなしくしている。本当は、飲み薬を飲ませると早く治るらしいのだが、妊娠している可能性が高いので塗り薬だけしか使えない。もうしばらく、時間がかかりそうである。

2004年10月18日(月) 
交配のためブリーダーさんに預けていたエルが帰宅。「交配証明書」というのを貰ってくる。ブリーダーさんの所ではあまりエサを食べずゆっくり眠る事も出来なかったらしい。交配をお願いしたトレーナーさんによると、ブリーダーさんのところから帰ってきて、トレーナーさん(エルの母親の飼い主)の家でぐっすり寝ていたそうだ。ストレスから自分で後ろ足の皮膚を噛んで毛が抜けてしまっている。やはり、いきなり家から知らない所へ連れていかれたのがストレスだったのだろうか。とりあえずは、塗り薬を塗ってビクトリアンカラーをつけて自分で噛まないようにする。怪しいポルトガル人みたいな姿になってしまった。

2004年10月17日(日) 
長男は週末から咳をしていたのだが、ついに発熱。土曜日に病院に連れて行ったら風邪だとの事。長女はバレエの発表会が近いので、ほぼ丸一日レッスン。どこにも行けない日曜日無伴奏チェロの1番をプレリュードからメヌエットまで、通して弾いてみる。結構、指使いを忘れているところがあってもたついてしまう。2、3回弾いてみると意外と忘れてはいないようだ。子供の時のように長い曲でもいっぺん覚えたら忘れない、という訳にはいかないようだ。

2004年10月16日(土) 
ステップアップPCでLG電子 GSA-4160B(DVD+R DLx2.4 +Rx16 -RAMx5 編集ソフト付Bulk)を10,479円で買う。信じられないような価格。書き込みソフトはNeroが付属していたのでさっそくインストールしてみた。結果、再起動したらまったくexplorerが起動しない。メニューバーすら出てこなくなってしまった。起動時にF8を叩いて「前回正常に起動したときの構成で再起動」を試すが、状況は同じ。HDDを買い直してOS再インストールかと悪い予感がしたが、再びセーフモードで立ち上げて、昨日のリカバリポイントで再起動したらもとに戻った。そう言えば、以前CD−RWドライブでもNeroで大変な目にあった事があった。まったく「暴君」なソフトである。

2004年10月15日(金) 
キャプチャした画像をUSB接続のDVDドライブで書き込み。なぜだか、USB2.0のはずなのにUSB1.1としか認識されない。3時間かけても半分も終わらないので、そのままほったらかして寝てしまう。

2004年10月14日(木) 
ステップアップPC玄人志向玄人志向のIEEE1394のカードを買ってくる。居間のPCに取り付けてSONYのDVカメラを接続してキャプチャする。全部で3時間の講演をキャプチャするのには、やはり3時間かかってしまう。CDの倍速ダビングみたいな事はできないのであろうか。キャプチャした画像データは全部で7.4GB。これなら、圧縮率を変えれば4.7GBのディスクに収まるかもしれない。

2004年10月13日(水) 
チェロレッスン。先生から「サラバンドは60点。あと5点なんとかしてください」と言われる。うーんあと5点、65点かぁ。あれ、ひょっとして先生、松本ちえ子のファンだったのでは?先生も5分ほど悩まれていたが、いよいよメヌエットに突入。最初はポジション移動も少ないのだが、後半からこれでもかと言うほどのポジション移動に泣かされる。でもやはり、3拍子のバッハのメヌエットは軽快なリズムが楽しい。もっとリズムに乗れればもっと楽しいとは思うのだが、、、

2004年10月12日(火) 
昨日の講演を8mmビデオで記録してあるのだが、DVDにコピーする仕事が回ってくる。SONYのDVカメラからiLink=fire wireでiBookに繋いでiMovieで編集が簡単かと思ったのだが、試しに5分ほど録画してみたら200MBほどのディスクスペースを使ってしまう。これでは3時間の録画には60GBのHDDでも全然足りない。Roxio Toast6 TitaniumにDVDコピーという機能があった事を思い出して起動してみると、DVカメラからキャプチャが出来る。ただ、4.7GBのDVD+Rには90分しか録画できない。なんとか少し画質を落としてでも圧縮して1枚のDVDに書き込む方法はないのだろうか。

2004年10月11日(月) 
講演二日目。風邪気味だったのに同窓会でちょっと遅くなってしまい、ちょっと苦しい。今日はコンベンションホール(定員500人)を使用したが、やはり満員であわてて椅子を並べる。立ち見も出て、主催者側としてはうれしいのだが、もっと大きな会場にすれば良かったかという反省も残る。大盛況のうちにすべて終了。皆さんおつかれさまでした

2004年10月10日(日) 
いよいよ、学会初日。早起きをしてグランメッセへ。1200人入る会場がみるみる満席になって行く。開会式も無事に終了していよいよ講演開始。会場の大きさの割には手配したスクリーンの反射率が低く、予想以上に会場を暗くする必要があったのが残念だったが、大盛会のうちに無事講演終了。夕方から各県の同窓生が集まって同窓会。久しぶりに飲む。

2004年10月09日(土) 
明日は九州歯科医学大会当日。診療終了後、準備のためグランメッセへ行く。最近の講演はすべてPCを用いて行うので、スライドよりもずっと気が楽。昔、学会でスライド係に「スライドの上下が逆だ!」と怒鳴りつけた某教授がいたが、スライドは本来、演者が準備しているのでスライド係のせいではない。スライドは油断していると段々フォーカスがずれたり、乾燥の悪い青焼きのスライドでモアレ縞が出たり、糊が剥がれてプロジェクタの中で分解したりと気が抜けなかった。今回用いたSONYのデータプロジェクタはフォーカスまで自動で本当にやる事がなにもない。便利な世の中になったものだ

2004年10月08日(金) 
プレジデント社出版の「アールエフの知」という本がアールエフ社から送ってきた。アールエフは患者さんのお口の中を撮影する口腔内カメラのメーカーなのだが、社長のサクセスストーリーらしい。家でぱらぱらと読んでいたのだが、おもしろい話が出ていた。「人類滅亡の危機」(大げさ?)に際して社長の丸山氏にNASAからCCDカメラの開発が依頼された事があるという話なのだ。とある小惑星(直径250mから1000m)が地球と同じ公転軌道上にあって(このへんからすでに怪しい)それが衝突する可能性があったそうだ。そこでNASAでは探査衛星を打ち上げて地質調査をして、必要があれば爆破(アルマゲドンみたいな話?)する事となり、その探査衛星のCCDカメラの開発依頼がNASAから極秘でRF Systemにあった、と社長は主張している。なんでも、人工衛星を打ち上げて小惑星の10km上空から高度20mまで急接近させ、「ローバー」と命名された特殊な探査装置をばらまくそうだ。探査装置は8本足で足を伸縮させながら小惑星表面を蛙飛びして探索を行う予定になっていたらしい。事の真偽はともかく、一つ重要な疑問がある。万有引力の法則によれば、小惑星にも引力はある。ただ、重量に比例するので直径1000mの小惑星の重力など無いに等しい。その小惑星の表面に探査装置をバラまけば宇宙の彼方に飛んでいってしまう。うまく惑星の表面に落ちたとしても一回ジャンプすると、もう2度とは戻ってこない。と、いう訳で3ページ読んだだけでやめてしまった。

2004年10月07日(木) 
今日から長崎ではおくんち。と、いう事は長崎大学の定期試験は昨日までで終わりだったろうか。私が学生だった20年ほど前は定期試験は「おくんちの前日までには終わる」というのが長崎大学の不文律だったように思う。今も伝統は受け継がれているのだろうか。今年は7年ぶりに「こっこでしょ」があるらしい。学生時代に一度見ただけなので、7年後には見に行けたらと思う。

2004年10月06日(水) 
チェロレッスン。ポジション移動が多い曲なので音程が難しい。先生のピアノに合わせて練習。どうもセカンドハーフポジションの中途半端なところが難しいようだ。家に帰ってもう一度おさらい。

2004年10月05日(火) 
診療室のPCに新しいマウスを接続。机がスチールなのでUSBのレシーバーを直接PCに刺すと認識しない。付属の延長コードを取り付けて机の上にレシーバーを設置したら認識してくれた。左右のスクロールが想像していたよりずっと便利であった。

2004年10月04日(月) 
ベスト電気から修理に出していたiBook Dual USBの修理終了との電話。夕食後に取りに行く。ロジックボードと液晶とトラックパッドの部品を交換との事。キーボードと筐体とHDDを除けばほぼ新品になってしまったのだが、5年間延長保証がかけてあったので修理費は無料であった。修理に際しては、一律に「必要があればHDDの内容を初期化してもかまいません。」という書類の提出を求められるのだが、幸いにも初期化されずにすんだ。

2004年10月03日(日) 
clkc51_reco.jpg 235×164 36K午前中はチェロの練習。2日間チェロに触れていなかったのでちょっと調子がでない。午後から外出、久しぶりに大文字でお好み焼きを食べる。子供の頃、亡くなった祖母によく連れてきてもらった店なので懐かしい。よく油のなじんだ鉄板で焼くお好み焼きは美味しかった。外出のついでにベスト電気に、壊れてしまったTARGUSBLACK TOP メッセンジャーケースを持って行く。鞄なので肩から掛けていけば荷物にならないのだが、怖くて掛けられない。事情をお話したら売り場の責任者の方から快く返品に応じてもらえた。ベスト電気は販売より修理やアフターサービスにより重点をおいていて信頼できる。返金して頂いたお金でロジクールコードレスマウスを買う。チルトホイールで左右スクロールが便利。

2004年10月02日(土) 
イチローがついに新記録達成!診療終了後、歯科医師会館にて九州各県学術担当者会議という長い名前の会議に出席。形式的な会議ではなく、非常に実務的な会議なので予定時間ぎりぎりまで議論が白熱する。今回は主催県なのでiBookを抱えて会議の抄録をまとめる。懇親会終了後、2次会を抜け出して、たまたま熊本滞在中の大学時代の恩師のS先生とご一緒する。忙しい一日だったが、最後はS先生と久しぶりにゆっくりお会いできてよかった。

2004年10月01日(金) 
TARGUSからBLACK TOP メッセンジャーケースについての返事のメールが来る。
>不慮の事故や不適切な取り扱いによる損傷、誤用、または変質はこの保証の対象とはなりません。
不慮の事故でも不適切な取り扱いでもなく、構造的に問題があるのだが、TARGUSの担当者には理解してもらえないようだ。また、変わった形式のストラップなので、適切な説明書が無いと危険ですよと指摘したのだが、
>製品の構造的な欠陥が原因であったとは弊社としては判断いたしかねます。
との返答。
適切な説明書が無ければPL法によって損害賠償責任すら生じる事を知らないようである。本当は、余ったストラップを留めるバンドを少し、しっかりとつけ直して欲しいだけだったのに。鞄自体は気に入っていたので非常に残念である。このまま使うのも危険なので、返品したほうが良いかもしれない。
診療終了後、医院のスタッフ全員で焼き肉。みんなでお腹いっぱい焼き肉を食べたら気持ちが晴れた。

過去ログ 2003年02月 03月 04月 05月 06月 07月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 09月 

一覧 / 検索
このページに掲載されている本の表紙、CD、DVDのジャケット写真の著作権はそれぞれの販売元にあります。当ページではアマゾンのアソシエートプログラムに参加することによって、これらを使用する許諾を得ています。