日記
[ホームへ戻る] [院長室へ戻る]
過去ログ 2003年02月 03月 04月 05月 06月 07月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 09月 

2004年11月30日(火) 
朝からインプラントのオペの準備で少し早く家をでる。今年はいつまでも暖かいのだが、さすがに朝は少し寒くなってきた。後のフォローアップなどを考えると、年内にインプラントの埋入をするためには今週か来週あたりが「締め切り」になってしまう。「年内に植えて年末年始のお休みの間に治癒を待ちましょう」と言い過ぎたためか、ここのところインプラントの埋入が多い。でも、年明けの予定にすると2ヶ月ぐらい差が出てしまうので、毎年この時期はインプラントの埋入が多くなる。

2004年11月29日(月) 
いつもと変わらぬ忙しい月曜日。
ふと気がついていつからこの表現を使っているか調べたら2003年の2月の日記 から同じ事を書いている。我ながら進歩がない。

2004年11月28日(日) 
熊本バレエの公演「くるみ割り人形」当日。マチネとソワレの2回の公演があるので、朝から出かけて行った。家族のチケットはソワレなので昼はチェロの練習をしてゆっくり過ごす。軽く夕食を済ませて県立劇場へ。通常、日本でバレエの公演を観ると男性のダンサーが少なく、くるみ割り人形の最初のクリスマスパーティのシーンでも妙な感じがするのだが、熊大の演劇部の学生さんやドロッセルマイヤー役の高校の先生など、バレエダンサー以外の男性が沢山出演していて、脇を固めていた。なかなか面白い演出である。結構、完成度の高い舞台であっという間に2時間が終わってしまった。ただ、細かい事なのだが、男の子たちがプレゼントを貰う場面で、おもちゃの兵隊を貰っていないのがちょっと気になる。おもちゃの兵隊をプレゼントに貰わないとハツカネズミと戦う時、くるみ割り人形の指揮を受けて戦う兵隊がどこから出てきたのかが分かりにくいと思う。吉田都さんが出ているロイヤルバレエのくるみ割り人形のDVDではそのへんが分かりやすい。(はい、比べてはいけないのはよく分かっています)

2004年11月27日(土) 
娘は明日のバレエの公演を控えてぴりぴりしている。クルミ割り人形のオープニングでシュタールバウム家のクリスマスパーティに集まる家族の子供(男の子)の役なので、近所の理髪店で髪を短く男の子のように切ってもらってきた。他の子はカツラをかぶるのだが、娘はカツラが嫌いなのだそうだ。昼過ぎから街に出て夕食は紅蘭亭で中華料理。講演会で東京に行ったときにチャージしたEdyカードがあったので、Edyで支払い。「シャリーン」の音とともに支払いが済んでANAのマイルが貯まる。ついついおそるべしと言いたくなってしまう。

2004年11月26日(金) 
診療室のPCのモニタを徐々に液晶に置き換えつつある。患者さんに説明するときには視野角の広いCRTのほうが良いのだが、CRTはなにしろ場所を取る。また、ワゴンに載せて移動するので重いCRTはどうも腰に来ていけない。ただ、インプラントの手術を行う個室には昔のナナオの17"のCRTが置いてある。レントゲンの細かな階調を読み取るのにはどうもこれが一番良いようだ。CTの3D画像とデジタルレントゲンの画像を確認しながらでないと怖くてインプラントが出来ない場合がある。将来的にCRTを超えるような液晶のモニタがリーズナブルな価格で入手できるようになったら、壁に液晶モニタを固定して大学の手術室の壁のシャーカステンのようなイメージで使えると便利だと思う。

2004年11月25日(木) 
DSC00454.jpg 200×150 20K昨日のトラブルはネットワークのクライアント全体に何かしらトラブルを残したようで、今日一日、ネットワークが不安定。やはり、サーバーがMeでクライアントがXPというのは問題があるのだろうか。もしかして、ウィルス?という可能性も否定できなかったので、すべてのPCにウィルススキャンをかけるが幸い感染しているものは無かった。エルのおっぱいがだんだん大きくなってきた。足が短いのでお腹も床に付きそう。出産まであと3週間ぐらいか?

2004年11月24日(水) 
診療終了直前にデジタルレントゲンのクライアント機が一台、非常に不安定な状態になる。再起動してみたがデータベースが壊れているというメッセージが出る。あわてて他のクライアントでも試したが同じ症状が出る。それではと、サーバー機を立ち上げ直したらこんどはサーバーでデジタルレントゲンのソフトが立ち上がらなくなってしまった。レントゲンのサーバーはRAIDでミラーリングしてあるので、HDDのクラッシュには強いのだが、ネットワークの問題でファイルがソフト上で壊れてしまうと意味が無い。別のPCにバックアップしてあった週末のデータと差し替えてみたらなんとか動いている。結局、10MBもあるデータベースファイルを大阪のメーカーに宅ファイル便を利用して送り、修復をして貰って動くようになった。全部デジタルというのは便利なような不便なような?

2004年11月23日(火) 
勤労感謝の日長男は塾の模試だし、長女は公演を週末に控えてバレエの練習。天気が良いのにどこにも遊びにいけない。子供たちを迎えに行くついでに喜久屋書店に行く。Linux サーバーのディストリビューションを何にするかで悩んでいたのだが、Fedora Core2で作る自宅サーバー for Linuxを見つける。インストールCDも付属しているし、ほとんどこの本で用が足りるようになっている。試しに余っているHDDをフォーマットしてインストールしてみたがGUI操作で簡単にインストールできた。世の中便利になったものだ080.jpg 200×200 14K

2004年11月22日(月) 
いつもと変わらない忙しい月曜日。特に明日は勤労感謝の日で休日なので予約外の電話が多かった。引退した画像サーバー機を自宅へ持ち帰ってチューンアップ。と、言っても古いPCなのであまり速度は期待できない。LinuxをインストールしてサーバにするためにHDDをフォーマットしていたが、眠くなったのでそのまま就寝。

2004年11月21日(日) 
家族で県立劇場へオペラドン・ジョバンニを観に行く。ポーランド国立ワルシャワ室内歌劇場オペラの公演なのでチケットもさほど高くない。年に数回しかオペラの公演はないのだが、自宅から15分ぐらいの劇場でオペラが観られるのは有り難い。まあ、地方公演なので、舞台装置が貧弱だったりと難点を言えば難はあるのだが、やはり生の公演は楽しい。中でもレポレッロ役のイェジ・マーレルもツェルリーナ役のマルタ・ボベルスカが良かった。 

2004年11月20日(土) 
午後から診療室のPCのメンテナンス。デフラグするとHDDの寿命が短くなる という説もあるようだが、300kから800Kぐらいの細かいファイルが数万個もあって毎日カリカリ読み書きしているような環境では数ヶ月に一度デフラグをしないと目に見えて速度が低下してくる。XPでは「最適化」を選べばファイルの圧縮もしてくれてさらに快適な環境になる。診療室のPCはHyper ThreadingのPen4 3.02GHzからクライアントのCeleron 500MHzまでいろいろあるのだが、そろそろCeleron500MHzは引退させてLinux実験サーバーとしての余生を送らせようかとも思う。早くMega400が帰ってこないかなぁ。

2004年11月19日(金) 
数週間前に、NYのInternational Music Company に楽譜を注文していたのだが、なかなか届かない。昨日、問い合わせのメールを書いたら、Your order shipped today.と即座に返事が来た。まるで蕎麦屋の出前である診療室の画像サーバをAriaのケースのSempron2400+と交換。Celeron633MHzとの交換だったのでずいぶんと早い。

2004年11月18日(木) 
ステップアップPCの店長さんからメール。やはりMega400はメーカーへ強制送還になってしまった。早く修理が終わってほしい。今日は顕微鏡を見ながらの形成が続いたので精神力を使い果たしてしまった。ゆっくりとチェロの練習をして心を癒して寝るつもりが、ついハマって寝るのが遅くなる。特に寝る前にGigueみたいなテンポの早い曲を練習すると、寝付きが悪い。やはり寝る前はスローテンポな曲に限る

2004年11月17日(水) 
学会参加のために午後から博多へ。夜はチェロのレッスンだったので、終了後早めに帰宅してそのままチェロレッスンへ。忙しい一日であった。

2004年11月16日(火) 
ステップアップPCからAthlonXPが届きましたとメールを貰う。診療後、MEGA400一式を抱えてお店へ。代理店の手違いか送ってきたのはAthlonMPであったが、ともかく組み込んでもらう。期待して電源を投入したがやはり不発。電源を付け替えたり、メモリを取り替えてみてもらったがやはり起動しない。やはりMBの不良なのか?

2004年11月15日(月) 
さすがに3週間も休みが無いとちょっと疲れる。が、今日も元気に診療。昨日Ariaのケースに組んだPCを診療室に持って行く。画像のサーバーに使う予定なのだが、ネットワーク経由で現在のサーバーからデータをコピーする。ここ数年間で撮りためた画像データが50GBにもなっている。バックアップはすでにHDD以外には出来ない状態である。すでに、Blue-ray discでも2枚分である。コピーに半日かかってしまった。

2004年11月14日(日) 
研修会2日目。午前中は夏堀先生のサイナスリフトの模型実習。術者によって微妙に術式が違うので、他の先生の手技を見せていただくのは参考になる。さほど難しい手技ではないのだが、患者さんへの侵襲が大きいので、ソケットリフトを選択する場合が多い。午後はSDMCの補綴設計の研修会の方へ参加。帰りに博多駅の筑紫口側のDOS/VパラダイスでCube型ケースAriaを買う。Cubeよりは一回り大きいのだが、microATXのマザーボードが入るので診療室に置くPCのケースにはちょうど良いかもしれない。帰宅後、スリムケースからマザーボードを取り出して組み込むと問題なく起動。4900817050259.jpg 150×150 3K

2004年11月13日(土) 
診療後、福岡で研修会。夏堀先生の骨移植の講義と実習。盛りだくさんの内容で7時過ぎまで実習がある。その後、タクシーで移動してSDMCのケースプレゼンテーション。現在、治療中の症例についていろいろと助言をいただく。終了が10時であったので、そのままホテルでぐっすり寝てしまう。忙しいが充実した一日であった。

2004年11月12日(金) 
MSIのサポートから返事。
>早速ではありますが、お使いのMEGA400はSempron CPU 非対応となっております。
>下記リンクにCPU 対応表がございますのでご確認ください。
>http://www.msi-computer.co.jp/support/cpusupport/MEGA.htm
今時、DuronだのAthlonXPなんぞどこを探せば入手できるのか?と思う。
ところが、最新のBIOSでは対応しているらしい。
http://www.msi.com.tw/program/support/bios/bos/spt_bos_detail.php?UID=552&kind=4
起動しないと、BIOSのアップデートもできないし、どうしよう。
ステップアップPCの冨田さんに相談してみたら、「いざとなれば、どこかからAthlonXPを借りてきますよ。」との心強いお言葉。やはり、自作PCの部品は近所のお店で買うのが安心。

2004年11月11日(木) 
Mega400についてステップアップPCPCの富田さんに電話で相談。 Mega400にSempron2400+だと一度起動してくれればよいが、最初に起動しにくい場合があるとのこと。指示にしたがってCPUと電源とメモリを外した状態でMBの電池も抜いてリセットして放置しておく。これで動いてくれれば良いのだが。ついでにMSIのサポート にもメールしてみる。

2004年11月10日(水) 
風邪の具合はもうずいぶん良い。大事をとってチェロのレッスンはお休みする。Sempron2400+をべアボーンのMEGA400に組み込んでみる。AVモードでは問題なく起動するのだが、PCのスイッチをいれてもCPUファンは回るがBIOS画面にたどり着けない。CPUの取り付けやファン、DDRメモリの接続を確認したがやはり起動できない。あす、ステップアップPCの富田さんに相談してみよう。

2004年11月09日(火) 
どうも風邪の具合があまり良くない。チェロの練習もしなくてはならないのだが、仕事がおわるとぐったりしてしまう。夕食後、ホットワインを少し飲んで早めに寝る。

2004年11月08日(月) 
今日は「レントゲンの日」。1895(明治28)年11月8日、ドイツの物理学者ウィルヘルム・
C・レントゲン博士が「X線」を発見したのである。レントゲン博士はこの発見でノーベル賞を受賞したが、特許は申請しなかったので、晩年は貧困のうちに亡くなったそうだ。先人の偉業の上に今日の診断技術がある事を忘れてはならない。ホテルに泊ると妙に乾燥しているためか、喉をやられてしまった。7度ぐらいだが微熱もある。今日はインフルエンザの予防接種の予約をしてあったのだが、電話してキャンセルして貰う。ワクチンが効果を現すまでに数週間かかるらしいので、早く風邪を治して接種に行かねば。

2004年11月07日(日) 
セミナー2日目。イタリア人のDr.の症例を見て驚いた。10年前のケースなのに、自然な美がある。昨日見た、アメリカのDr.の不自然なまでに整列したPFMとはずいぶん違う。どちらが好みかと言われれば、やはりヨーロッパのケースのほうが好みに合うように思う。講演終了後、飛行機の時間まで2時間あったので飯田橋から秋葉原で途中下車。秋月電子でステッピングモーターとコントロールキットなど買う。昔はステッピングモーターのドライブにはややこしい回路が必要であったが、今ではPICコンピューター1チップである。便利な世の中である。空港は警備体制が厳しくなっているせいかずいぶんと込み合っていた。ANAの最終便で帰宅。

2004年11月06日(土) 
QDTのインプラントセミナー。会場は東京歯科大学の8階の大講堂なのだが、椅子も快適でなかなか立派な会場。一日目の終了後、懇親会があったのだが参加せずに秋葉原へ出かける。久しぶりの秋葉原であったが、最近は通販でいろいろなものが入手できるので、あまり物欲が刺激されない。銀座のバー、タリスカーに行こうかとちょっと思ったのだが、疲れていたので軽く蕎麦をたべてそのままホテルで就寝。

2004年11月05日(金) 
仕事が終わって、8時40分の飛行機で東京。QDTのインプラントの講演会。到着が10時だったのだが、飯田橋のホテルに行くのに中央線で間違えて快速に乗ってしまって四谷まで行ってしまった。四谷でおりてあわてて逆の方向の電車に乗ったら、また快速に乗ってしまった。そうなのだ、各駅停車は別のホームから出るのだ。総武線でやっと飯田橋にたどり着いてホテルについたら12時近かった。ぐっすり寝る。

2004年11月03日(水) 
文化の日でお休み。娘は月末のバレエの発表会で今日もレッスン。息子は塾。妻はお出かけで一人寂しく家にいた。せっかくなのでチェロの練習をして飽きると読書、エルとお散歩で4時間過ごした。たまには一人も良いかも。

2004年11月02日(火) 
アマゾンからCDが届く。「失われた時間たち」。今年の夏、アウグスブルグのバレエ団が熊本に来た時に踊った曲である。CDが2980円、映画のDVDが3980円なので、DVDを買おうかとも思ったのだが、娘が「DVDだと踊れない?」という不思議な意見を出したのでCDになった。フィリップグラスの作曲なのだが、なかなか緊張感があって良い曲である。

2004年11月01日(月) 
今日から11月。今年もあと60日か。昨年も同じ事を言っていたような気がする。昨日くみ上げたPCを診療室に持っていったのだが、うまくネットワークと接続できない。ワークグループも問題ない筈だし、他のPCはすでにXPのネットワークの拡張をしてある。ウィザードを使ってもうまく設定できないので、手動でごりごりとワークグループ名を書き換えてみたりする。一度、再起動してみたら難なくワークグループに接続。デジタルレントゲンのネットワークにもあっさりとつながった。いったいなにが悪かったのだろうか。まあ、つながったから良いか。

過去ログ 2003年02月 03月 04月 05月 06月 07月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 09月 

一覧 / 検索
このページに掲載されている本の表紙、CD、DVDのジャケット写真の著作権はそれぞれの販売元にあります。当ページではアマゾンのアソシエートプログラムに参加することによって、これらを使用する許諾を得ています。