日記
[ホームへ戻る] [院長室へ戻る]
過去ログ 2003年02月 03月 04月 05月 06月 07月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 09月 

2005年01月31日(月) 
昨日、デジタルレントゲンシステムの入れ替えをしたので実際の運用で何か不具合が出ないかと心配であったが、一度だけ原因不明でシステムダウン。幸い、再起動することで復旧した。スキャンではカローセルを識別するのに少し時間がかかるが、クライアント側からデータベースにアクセスするのがずいぶん早くなった。子犬たちはうっかりケージを開けると飛び出して来て部屋中を走り回っている。2匹ともずいぶん足がしっかりしてきた。inukent_1.jpg 200×181 20K

2005年01月30日(日) 
 診療室のデジタルレントゲンシステムは最初、サーバー/クライアントともにWindows Meで運用していたのだが電子カルテシステムのカルテメーカーがWindowsに対応したのを契機にクライアント側のOSをを順次XPに切り替えていた。
 ところが、その前後からサーバのデータベースファイルが壊れるというトラブルが起こり、その都度メーカーのGENDEXので修復してもらっていた。クライアントがXPでサーバーがMeだとデータベースの破損が起こりやすいとの事だったので、サーバーのOSをWindows XPに入れ替えた。

 XPをインストールするにあたり、メモリを128MBから512MBに増設しただけで、CPU(Celeron 700MHz)もHDD(20GB Raid1)もそのままなのだが、サーバがXPだとクライアント側のアクセス速度が体感できるほどに早い。

 診療室で夜中にLANの設定をしたりしていて遅くなってしまった。明日から無事に動いてくれるかちょっと心配。

2005年01月29日(土) 
診療後、家族と熊本現代美術館へ特別展示「横尾忠則−熊本・ブエノスアイレス化計画」 を見に行く。娘のバレエの先生、藤田マキ先生がタンゴを踊るというイベントもあったのだが、間に合わなかった。なぜ、熊本・ブエノスアイレス化計画なのか?というと、「この展覧会は熊本市現代美術館の開館前に、プレイベントとして開催した講演会のために横尾さんが来熊し、熊本の印象をお尋ねした際に、即座に「ブエノスアイレスのようだね」と述べられたことに端を発しています。」だそうだ。横尾忠則氏の作品は日常、商業アートとして目にする事が多かったのだが、絵画やオブジェなど多彩な「横尾ワールド」が展開して面白かった。

2005年01月28日(金) 
医院の歓送迎会でふぐを食べに行く。ふぐの小川のふぐには毒が無いそうだ。昔、下関あたりの料亭に行くとご禁制のふぐの肝を酒に浸けたものをほんの少しだけ食べさせてもらえたという話を聞いた事がある。もちろん、毒があるのでごく少量だけである。通は少し舌先がしびれてくるのがたまらないと、言っていたそうだ。気味悪がって食べない人がいて、その人の分を食べた人が中毒になってひっくり返ったとか、それを防ぐために食べるまで仲居さんが見張っていたとか言う話を年配の先生から聞いたことがある。もしかすると都市伝説かもしれない。ふぐの小川のふぐには毒が無いので肝も食べ放題、である。皿に山盛りで出てくる。あまり山盛りだと有り難みが薄れてしまいそうである。やはり、ちょっと食べるのが美味しいのかもしれない。肝だけではなく、てっちり、てっさ、最後の雑炊までお腹いっぱいになった。決して値段も高くはない。新年会は来年もふぐにしよう!

2005年01月27日(木) 
inukent.jpg 199×157 26K子犬たちも離乳食を食べるようになったので、そろそろ歯磨きをと思う。最初は慣れるために歯ブラシをおもちゃ替わりに与えて様子をみる。2匹で齧ったり、取り合いをしたりして結構楽しそうである。犬も人間と同じように乳歯が生えてきて永久歯に生え変わるのだが、爪楊枝ぐらいの太さの犬歯は意外に鋭く、噛まれると痛い。甘噛みを許していると大人になったときに噛み癖がついて大変な事になると聞いたので、噛むたびに頭を軽くおさえて「ダメ」と叱っている。それでも動くものをみると本能的に追いかけてズボンの裾を噛んだりする。エルも興奮したりするとズボンの裾を軽く噛んで注意を引こうとするが、これは牛追いの使役犬だった祖先の血が騒ぐのだろうか?

2005年01月26日(水) 
MSNを読んでいたら45万円のキティちゃんロボット発売!という記事があった。ビジネスデザイン研究所という会社が発売しているのだが、45万円する割には自走できないし、お掃除もしてくれないし、もちろんリネージュもプレイ出来ない。なぞなぞ遊びはできるが、音声認識が大人の声に特化されていて16歳未満の子供ではうまく会話できない、とある。思いっきりニーズが無いように思うのだが、誰が買うのか不思議な商品である。アマゾンにe-yama 19"モニタ 19AC1-WAを注文。送料込みで4万円以下で19インチの液晶が買えるなんて1年前でも信じられない話である。このままだと、液晶の標準は22インチぐらいになるのだろうか。

2005年01月25日(火) 
si_iduck.jpg 377×240 13KCD-ROMの無いPC、なんとかUSBフラッシュメモリから起動できないかと思ったが、不発。いろいろと調べていたらhttp://sa-store.comで6GBのCFカード?498,000円( 税込み )というのを見つけた。こんなんで起動できればWindows XPまで余裕で起動できてしまう。自分の環境を常に持ち歩くことが可能かもしれない。でも、50万円はちょっと高くないかな?この会社は他にも165万9千円の12GBのCFカードとかレースクイーンの画像入りカードとかアヒル型USB2.0CFキー(しかも光る)みたいな怪しい周辺機器が得意な会社のようである。光るアヒルにはちょっと興味がある。?

2005年01月24日(月) 
4774118338.09.MZZZZZZZ.jpg 95×140 4K昨日からLinuxサーバーを立ち上げるべく、いろいろと作業しているのだが、どうもよく分からないコマンドが沢山ある。昔、Unixのメインフレームで有限要素法のソフトなど動かしていたのは15年も前なので、当然といえば当然である。アマゾンで探してみたが、どの本が良いのか分からないので、高校時代の物理部OBのメーリングリストに質問を投稿してみた。このMLのメンバーはソフトウェアの開発会社を経営していたり、メーカーの技術者だったりで当然、バリバリの理系ばかりなのだが、完全にプロフェッショナル。もちろん、初心者向けの本など読んだ事がないとの事であった。プロテニス選手にテニスの入門書はどれが良いの?と聞くのと同じだったかもしれない。それでも、よさそうな本を紹介して貰ってさっそくアマゾンに注文。ついでにJAVAの入門書も発注。

2005年01月23日(日) 
ジャンクのクライアントPCにLinuxをインストールしてNASとして使うというアイディアを思いついた。もとはジャンク扱いで買ったものなのだが、Windows XPをインストールし、先日までデジタルレントゲンのクライアント機として診療室で使っていた。長時間連続動作しても滅多に落ちる事も無く、NASとしては最適ではないかと思う。ところが、Linuxのインストールに際してCD-ROMがないのでCD-ROMから起動->インストールという手が使えない。Windowsをインストールした時はXPの起動FDを作成してフロッピから立ち上げ、一本だけあるPCIスロットにSCSIカードを接続し、SCSI接続のCD-ROMドライブからWindowsをインストールした。SCSIカードはbios付きなので、通常はSCSIから起動できる筈なのだが、MBがそのような設定をサポートしていないようである。同じようにSCSIカードを刺してSCSIのCD-ROMを接続し、Fedora Core2のCD-ROMを入れて起動してみたが、やはりCD-ROMからは起動しない。CDからFDへブートイメージを書き出してFDでブートアップ、CD-ROMをマウントしてさらにCDからインストールすべきなのだが、Linuxはややこしい事になるとあまり知識が無いので難しい。こんなにややこしいなら素直に玄箱を買ったほうが早く幸せになれそうだが、なんでもお金で解決?するのは良くないので、もう少し頑張ってみる事にする。

2005年01月20日(木) 
market-rev-image.jpg 102×86 2Kオートクレーブが到着。思ったより大きい。いままで使っていたオートクレーブがあった場所に設置したのだが、本体の乾燥重量が35kgとあったので一人で持ち上げたら腰が痛くなってしまった。やはり無理してはいけない。試しにインジケーターと一緒に滅菌をしてみると無事に滅菌されている。フルオートで乾燥もできるし、精製水ではなく普通の水道水で滅菌が可能なので非常に便利である。

2005年01月19日(水) 
チェロレッスン。早い16分音符のパッセージになると右手と左手がばらばらになる。それに弓を取り落としそうで強く握ってしまい、よけいに音が硬くなってしまう。先生から弓を軽く握るようにと教えていただくのだが、どうも難しい。力が無い小指に力が入ってなんだか硬直したような状態になってしまう。「それでは親指と人差し指と中指で弓を握って弾いてみてください。」と先生に言われる。5本の指でも安定しないのに絶対無理!と思ったのだが、要はバランスの問題で変に力を入れなければ3本の指で支えても、そんなに力は要らない。力が抜けているだけ早いパッセージも弾きやすいように思う。うれしくなって、レッスンから帰ってもまた練習。

2005年01月18日(火) 
昨日組み立てたPCを診療室に持って行こうと思ったが、ケースがAOpenのアルミケースで電源が250Wしかなく、Pen4 3.0MHzでRaidドライブを組んでいるのに対してやや心もとない。それにスリムケースなので、熱がこもってHDDが破損しては大変である。ケースを買いに行こうかと思ったが、院長室で使っているPCのケースは電源が450Wあって内部的にも余裕が大きいので、これに組み込む事にする。ケースを取られた院長室のMBは自宅の Athron 1.5GHzの古いケースに組み込む。Athron 1.5GHzのMBは使っていなかったのだが、そのまま転がっているのも精神衛生上悪いので空のケースに組み込もうと思ったら、空のケースは電源が無かったので今日は断念。結局、3台をばらして2台を組み込んだのだが、古いMBを触るとホコリが飛び散ってアレルギーを起こす。花粉症の薬を飲んで寝る。

2005年01月17日(月) 
診療後、ステップアップPCに行ってメモリを交換してもらう。差額が1000円。最初から高いほうにしておけば良かったのにと、ちょっと反省。帰宅して新しいメモリを刺してmemtestを走らせてみるが、3passで一度もエラーが出ない。やはり、メモリとMBの相性の問題であったようだ。そのままWindowsをインストールして、カルテメーカーもインストール。テストデータで試したところ、ほとんど一瞬にしてwindowが開く。やはり早いマシンは良い!

2005年01月16日(日) 
 診療室の電子カルテシステム、カルテメーカーがバージョンアップ。新機能満載はうれしいのだが、受付のG4 Macでは遅くてサーバーにできない。どうせサーバーならmini Macでもと考えたのだが、mini macだとおそらく今年の夏は無事に越せない。阿鼻叫喚の灼熱 熱暴走地獄を見るのは間違いない
 カルテメーカーはこのバージョンからはWindowsでも動作が可能になったので、WindowsのPCを自作してサーバーにするという作戦で行くことにする。いつものようにステップアップPCに行って、店長さんに相談の結果、マザーボードはMSIの661FM2-ILSR。ファイルサーバーはローカルHDDアクセスが命なので、HDDのインタフェースはシリアルATA 80GB 8Mキャッシュ2台でRAID1。これはマザーボードにオンボードでついている。マザーが安かった分、CPUはちょっと張り込んでPen4 3.0EMHz、メモリは512MBと決定。これだけ買っても5万円ちょっとである。受付のサーバー機は2年おきぐらいに更新しているのだが、毎回、投資額が10万円ずつ少なくなって行く。家に帰って、さっそく組み込み。問題なくRAIDの設定も終わったのだが、Windowsのインストールでつまづく。どうも動作が不安定。電源を450Wのものにしてみたが安定しない。試しに、memtest-86を走らせてみたら#4あたりで画面が真っ赤。どうもマザーボードとメモリの相性が悪かったようだ。

2005年01月15日(土) 
午後から接着臨床セミナーで歯科医師会館へ。学術委員会のM先生が司会進行をされる予定であったが、M先生急病で急遽、私が司会をする事になってしまう。講師の先生のご略歴など全く目を通していなかったので、大変だったがなんとか無事に終了。安田登先生のお話はとても面白かった。夕食は「七福神」へ。ここの焼き鳥は美味しい。美味しいのでつい食べ過ぎて満腹になってしまった。

2005年01月14日(金) 
診療が終わって歯科医師会館へ。患者さんの説明用パネルについての打ち合わせ。あれも欲しい、これも欲しいという意見が出て枚数がずいぶん増えてしまった。7時半から会議だったのだが、10時半まで3時間もかかってしまった。帰宅して食事をしたら11時。すこしだけチェロの練習をして就寝。

2005年01月13日(木) 
診療室のオートクレーブ(蒸気滅菌器)のうち一台(オメガ)が調子が悪くなってきた。圧力が上がるのに時間がかかるので、滅菌の終了までに時間がかかる。もう一台は高速型なので5分ほどで終了するのだが、チェンバーが小さいのであまり大きなものは滅菌できない。開業以来、毎日使っているものなので、そろそろ寿命かもしれない。このオートクレーブはイギリス製なのだが、どうも故障が多かった。その度に代替品が送られてきて修理に出すのだが、これがまた数ヶ月かかる。おそらく使用期間の1/3は修理期間だったように思う。さっそく、全自動の新しい機種を注文。価格も安くなった上、大きなチェンバーにも拘わらず136度5分間の高速モードも搭載。早く買い替えればよかった。こんどのは国産なのでおそらく大丈夫(だと思いたい)

2005年01月12日(水) 
二日続けてインプラント。予定よりずいぶん早く終わったので、ちょっと院長室でまったりした後、早めに自宅へ帰ってチェロの練習。お正月休みを挟んで2週間もあったので、今回は練習が完璧の筈がそうでもない所が落とし穴である。先生から「お休みがあったので沢山練習できたでしょう?」と言われるが、「お正月は誘惑が多くて、、、」とつい言い訳してしまった。Appleからmac miniが発表。特に素晴らしいのは、Mac miniが備える冷却ファンの小ささ。旧型PCでそうだったように、煩わしいノイズを避けるのに机の下に隠す必要がまったくありません。とHPで大きな事を言っている。でも、2000年の7月にG4 Cubeを発売した時、Power Mac G4 Cubeは、ファンが必要ない、画期的な冷却設計を用いているため、事実上、完全な無音で動作します。と言いながら、その年の真夏に発熱から動作不良を起こし、あっというまに市場から消えたのを忘れてしまったのだろうか。前回よりApple社が少し賢くなったとすれば、真夏ではなく真冬に発売という事だろうか。商品寿命が少し延びそうである。

2005年01月11日(火) 
朝一番でインプラントの予定だったので少し早く診療室へ。2日半暖房が切れていたので鉄筋コンクリートの建物が冷えきっていて寒い。ヒーターとエアコンをフルに動かして開始時間までにはなんとか室温が上がった。そう言えば去年の5月には夏は術衣が暑いと書いていたのを思い出す。冬は冬で不平を言っているようではまだまだ修行が足りないのかもしれない。

2005年01月10日(月) 
inuken_s.jpg 200×154 21K成人の日のハッピーマンデーでお休み。土日は研修会だったので、今日は一日ゆっくりと家で過ごす。子犬たちはサークルの入り口を乗り越えて外へ出てくるようになった。木の床が滑るのでぺったり尻餅をついたり、前へ進もうとして後ずさりしてしまったりする。足下を子犬がうろちょろしているのも気が抜けない。比較的、ゆっくりとチェロの練習。土日の遅れを取り戻せた、、、かもしれない。

2005年01月09日(日) 
終日博多で研修会。終了後、駅前のTWOTOPでなんちゃってキューブケース、AntecのAriaを買う。ちょっと見にはキューブだがmicro ATXのMBが入る立派なケース。キューブタイプのべアボーンよりは遥かに大きいのだが、普通のMicroATXケースよりは小さい。診療室のワゴンに載せるにはちょうど良いサイズなのだ。JRで帰宅途中、羽犬塚で一時間近く停車。アナウンスによると、次の駅で線路上に放置された自転車を先行の列車が引っ掛けて、駅のホームと列車の間に自転車が挟まって取れなくなるという事故があったらしい。結局はガスバーナーで自転車を焼き切って取り除いたらしい。結局、肥後大津まで運転の予定が熊本駅で運転打ち切りになってしまった。帰宅して、さっそくAriaにCeleron2.4GHz搭載のMBを組み込み。USBのコネクタが2系統しかないMBなのでbuilt inの8 way card readerを接続するとフロントのUSB端子が一個使えない。リアのMB本体からも4つあるので1つぐらい良いかと妥協して就寝。

2005年01月08日(土) 
研修会出席のため朝からJRで博多へ。時間の余裕があったので、地下鉄で大濠公園近くの会場へ。小学校の時、大濠公園へ遠足に来たのを思い出す。平尾から結構な距離だが、当時は車も少なく皆でぞろぞろ歩いたものだ。今日も研修会終了後にホテルに会場を移して症例検討会。終了は午後10時半。ホテルの地下のバーで一杯と思ったが疲れたので早めに就寝。

2005年01月07日(金) 
娘はピアノのレッスンはなんとか乗り切ったらしい。あまつさえ、先生に褒められて上機嫌。本当はこんな事じゃいけないんだけど。子犬たちはエルのドッグフードにも興味があるらしく、エルがドッグフードを食べていると横から前足を突っ込んだりしてエルに怒られている。夕食はお正月用に買った肉でしゃぶしゃぶ。思い切って新潟から頂いた越の寒梅を開ける。何か特別な機会にとっておこうかとも思ったのだが、温度が上がると風味が損なわれそうだし、、、、と言うのは酒飲みの言い訳なのだが。家でしゃぶしゃぶをやるとみんな肉ばっかり先に食べて野菜が大量に余ると妻がこぼす。そこで、子供たちに鍋に2回転野菜を食べ尽くすまでは肉はオアヅケだぁ!と宣言して最初は野菜ばかり食べる。切った野菜は無くなったのだが、肉に突入したときにはややお腹が満ちて来ていて、あまり肉が食べられない。それに当然、空腹状態で食べたほうが肉も美味しいに決まっている。しゃぶしゃぶは奥が深いDSC00614.jpg 200×173 29K

2005年01月06日(木) 
grp0110121151.jpg 247×200 27K明日はピアノのレッスンだというのに娘は符読みが出来ずに苦戦している。CDを聞かせてみても♪=152ぐらいの早い曲なので、到底ついて行けない。つい可哀想になって、ちょっとずるをしてやる事にする。Googleで「子犬のワルツ MIDI」を検索して、適当なフリーのMIDIデータを見つけてくる。次に、Dent du Mideを使ってMIDIデータをパート毎のaiffファイルに変換。そしてGarageBandに読み込んで♪=60まで落とす。GarageBandからiTune書き出しを選択してiTuneに書き出し。データはhome-music-iTunes-iTunesMusicの中のフォルダにあるので、それをQuickTime PlayerProで区間を区切ってエンドレスで再生。これにあわせてピアノの練習をすれば符読みなんかできなくても練習OK!!。もちろん、こんな事をして弾けるようになっても初見で演奏などできるようにはならないのでその場しのぎにしかならないのだが、とりあえず明日のレッスンは乗り切れる筈?

2005年01月05日(水) 
午後から今年初インプラント埋入。位置と方向に正確さが要求される部位だったのだがCTを撮影していたので、通常より却ってスムースに埋入できた。世の中、便利になったものだ。長男のイヌケン(仮名)はついに体重1kgを突破!順調に生育している。右は秤の上のかごの中ののイヌケン。DSC00604.jpg 200×185 30K

2005年01月04日(火) 
DSC00609.jpg 199×173 26K仕事始め。スタッフ全員、元気に出勤。例年のように予約はあまり詰めてはいなかったのだが、予約外の当日アポイントが多かった。子犬たちも大きくなったので、産箱を片付けてサークルにする。広くなった分だけ歩きやすいようで子犬たちはよちよちとサークルの中で運動。子犬の離乳食をスプーンで与えるとぺろぺろ食べるようになった。

2005年01月03日(月) 
朝から精神を集中してPCMCIAカードのコネクタのハンダ付け。ちょうどICのピッチと同じくらいの間隔のプリントパターンにtwisted pairのケーブルをハンダ付けしなくてはならないのだが、意外とハンダのノリが良く意外とあっさりと完成。カードの蓋を元通り接着剤で留めるとハンダのやり直しが必要な時に困りそうなので、テープで留めてPowerBookのスロットに挿入すると問題なく認識。ルータからのカテゴリ5のケーブルを接続するときちんとインターネットに接続できた。次にSCSI接続のMOにPowerBookの書類のフォルダをバックアップ。DVD±RとCD-R/RWの外付けドライブはUSBかFireWireのものしか持っていないので、iBookG4にMOを繋いでCD-Rでバックアップする。FireWire接続のMOはあるのだが、両端が6ピンオスのケーブルが無い。しかたないのでSCSI-USB変換アダプタのLUB-SCでSCSIのMOを接続するが認識しない。ドライバの説明書を見るとOSX10.2.8までしか対応していないようだ。ターミナルからUNIXコマンドを入力して力づくで10.3.7に対応させ、なんとかSCSI MOを接続してCD-Rにバックアップ。忙しかったけど、すべて解決してスッキリした一日。
忘れないようにドライバの設定法を書いておこう。
ーーーーーーーーーーーーーーーードライバの設定ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2.8用のドライバをインストールして再起動する
「使えない」と警告が出るので、[OK]をクリック
sudo chown -R root:wheel /System/Library/Extensions/LogitecUSBDisk.kextと入力してリターン
管理者パスワードを入力してリターン
sudo chmod -R 755 /System/Library/Extensions/LogitecUSBDisk.kext」と入力してリターン
sudo touch /System/Library/Extensionsと入力してリターン
再起動
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2005年01月02日(日) 
家族で近くの健軍神社へ初詣。結構な賑わい。息子に以前使っていたiBookG3 Dual USBを使わせているのだが、娘が自分もノートが欲しいと言い出す。それではとPower Book 2400を使わせる事にする。まずはインターネット接続だが、もともとTDKのPCMCIAカードLAK-CD021BXで有線で接続していたのだが、コネクタが壊れていて接続できない。Buffaloの無線LAN
カードが余っていたのを思い出してドライバをインストールしてみるが、動作しない。そういえばこれは動作が不安定だったのでI/OデータのAirPortに買い替えたのであった。結局はLAK-CD021BXを使うしかないのだが、いろいろ調べてみたらLAK-CD021BXはコネクタが弱くて頻繁に壊れるらしい。コネクタを自作したり、直接ハンダづけするなどの方法があるようだが、分解するところまでで力つきて寝てしまった。

2005年01月01日(土) 
B0001FABG2.09.LZZZZZZZ.jpg 336×475 41Kあけましておめでとうございます
天気も良く穏やかなお正月。実家の両親と一緒に御節。食後に両親と先日買った「グレンミラー物語」を見る。母親は数十年ぶりに見たそうだ。昨夜は遅くまで起きていたので、両親が帰ったあとにソファーうたた寝してしまった。夕食後、DVDで猿の惑星を見る。ティムバートン監督の2001年版は猿に支配された惑星に宇宙飛行士が不時着するという基本設定のみは踏襲しているのだが、他はまったく新しいストーリー。ちょっと説明不足だったり、ストーリ的に無理があるんじゃないの?という部分もあったが結構楽しめた。

過去ログ 2003年02月 03月 04月 05月 06月 07月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 09月 

一覧 / 検索
このページに掲載されている本の表紙、CD、DVDのジャケット写真の著作権はそれぞれの販売元にあります。当ページではアマゾンのアソシエートプログラムに参加することによって、これらを使用する許諾を得ています。