日記
[ホームへ戻る] [院長室へ戻る]
過去ログ 2003年02月 03月 04月 05月 06月 07月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 09月 

2005年05月31日(火) 
朝からインプラントの2次オペ。遠方から来院される患者さんなのと歯肉の状態が良いのでメスを使わずレーザーで切開。治りは良いのだが術野が狭いので少し時間がかかる。それでも予定より1時間早くポストの印象をしてテンポラリージンジャイバルカフを接続して終了。やはり、Zimmer社のSpline Systemは印象がとりやすい。

2005年05月30日(月) 
長男は明日から修学旅行。5時半に起きて準備をするので今日は早く寝るから私が帰る時間には寝ているかもしれない、と言う。それではと、修学旅行の小遣いを先に渡しておいたのだが、診療後に用を済ませて10時に帰宅したらまだ起きている。そう言えば、長男は小学校の修学旅行の前の晩も興奮して12時近くまで眠れなかったのを思い出す。成長したようで根本的には進歩が無いのかも?

2005年05月29日(日) 
fall.jpg 234×245 7Kインプラントと審美補綴の研修会最終日。アドバンスコースなので一日にすごい盛りだくさんの内容。世の中は3年前から考えても信じられないぐらい進歩していると実感。終了後、会場と同じリバレインの福岡アジア美術館千住博展 〜大徳寺聚光院別館襖絵七七枚の全て〜を見る。千住博と言えばCAMKで2003年に見たCAMK流 現代「日本画」の精華展のthe fallが忘れられない。大徳寺のふすま絵をそのまま外して実際の室内と同じ順番で展示しているようなのだが、やはり美術館でみると床と天井が無い分だけちょっと間延びしてしまいCAMKの展示ほどはインパクトが無かったのが残念。砂漠の絵の左下にさまよう人物は仏陀だろうか?。The fallはぜひどこかで見たいと思う。JRで帰宅。1時間ほどチェロの練習をして就寝。

2005年05月28日(土) 
博多で研修会。6日コースの5日目。実習が多くて疲れた。会場は無線LANでネットに接続できるので、ホテルの予約サイトで休み時間ごとに検索してみるが、どこも満杯。思い立ってクレジットカードのツアーデスクに電話してみたら一件だけ空室があるとの事。予約してもらう。これで今夜は路頭に迷わないで済んだ。明日が最終回なので終了後に懇親会。疲れていたので早くホテルに帰って就寝。

2005年05月27日(金) 
インプラントの上部構造の印象。Zimmer社のSpline Systemはフィクスチャーと印象コーピングの連結が簡単で確実。国内の別メーカーのインプラントでさんざん苦労したのがウソのようである。診療後、学術委員会の会合で歯科医師会館へ。会合終了後10時のJRで博多へ。研修会場のオークラホテルがいっぱいで、向かいのホテルエクレール泊。先月、同じ研修会で泊まったオークラホテルに比べると部屋の面積が1/3ぐらい。宿泊費は1/2ぐらいなのでちょっとパフォーマンス悪いかも。ただ、ベットは好みの硬めのスプリングだったのでぐっすり眠る。まあ、寝るだけならあまり部屋の面積は関係ないかもしれない。2泊の予定で予約したのだが予約が今晩一泊分しかない上、明日は満室で予約できないそうだ。明日泊まるところがなければJRで家に帰ろうか?と思う。1988_89_90_91_92.jpg 27×97 1K

2005年05月26日(木) 
朝からインプラントオペ。大臼歯部に2本埋入。骨の幅が無かったので、リッジエクスパンジョンという方法でインプラントを植える部分の骨の幅を2mmほど広げてからインプラントを植えた。幅を広げるためにはリッジエクスパンジョンチゼルという専用の道具を使う。以前使っていたボーンチゼルがいまいち使いにくかったので新しく買ってしまった。非常に使いやすい。最近、いろいろとあたらしいインプラントの術式が増えてきて専用の道具がどんどん増えて行く。それが、それぞれ「ボーンカントゥアリングツール」だとか「リッジエクスパンジョンチゼル」だのと英語の名前がついている。滅菌の手順もまちまちだし、うちのアシスタントは結構大変である。

2005年05月25日(水) 
朝からラミネートベニアの形成。顕微鏡を見ながら4本形成して、型を採って、借歯を合わせたら午前中が終了してしまった。体力はほとんど使わないが精神力を使い果たしたので、昼休みは昼食をそこそこにゆっくりチェロを弾いてリフレッシュ。残念ながら先生は天草へ演奏旅行なので、今日のレッスンはお休み。MIDIのピアノ伴奏に合わせてチェロの練習。

2005年05月24日(火) 
朝からインプラント。じわじわと室温が上がってきて汗をかいてしまう。歯根が破折してかなり大きな膿瘍を形成していたので、先にGBR(guided bone re-generation)のステージドアプローチで骨を作っておいた部位。開けてみたら十分な骨が再生されていて埋入自体はそれほど難しい事は何も無かった。必要なところに、簡単な手技で骨が作れるなんて本当に便利な世の中になったものである。この調子で「必要な所に天然歯が作れる」ようになる日も来るのだろうなあ、と思う。

2005年05月23日(月) 
先日届いた、新しい改良型のセラミックブラケットを使ってみる。色調や歯面とのフィッテイングも微妙に改良されているように思う。大学にいるころ、矯正用のセラミックブラケットが出始めて治験に参加した事もあったのだが、当時のは壊れるし、変色するし、脱落するしで使い物にならない物も多かった。最近のは本当に改良されて使いやすい。

2005年05月21日(土) 
診療後、九州地区の歯科医師会連合(九地連)総会に出席。会議は大過なく終了。終了後に日本歯科医師会の井堂会長の講演会。日本の歯科医療の環境は日々厳しさを増しているらしい。配布された資料のなかに、その根拠として「歯科医師数の増加」「一診療所あたりの一日の受診人数の減少」などがあった。この辺までは良いのだが、「12歳児のDMFT指数の減少」つまり虫歯が減っているというのもあった。気持ちは分かる。本当に気持ちは分かるのだが日本歯科医師会の会長が虫歯の減少を歯科医師にとってのマイナス要因として挙げるのはいかがなものだろうか。その後、大学の同窓会関係の飲み会。このメンバーで飲むとお互いに気を使わないので楽しい。ちょっと飲み過ぎかも。

2005年05月20日(金) 
朝からインプラントの2次オペ。歯根が折れていて周囲の骨がかなり吸収していたのだが、抜歯即時で埋入を行った部位。治癒期間を少し長めに4ヶ月待ってレントゲンで確認したところ十分な骨が再生していた。昔の抜歯待時インプラントの術式なら抜歯してGBR併用をして埋入してという事になるのだが、治療期間はほぼ半分以下である。2次オペと言っても炭酸ガスレーザーがあるのでほんの少し麻酔をして、増殖した歯肉を蒸散させて、チタンのヒーリングアバットメントを連結して30分で終わってしまった。午後から別の患者さんの臼歯部の埋入。だんだん暑くなってきたので術衣を着ていると結構汗をかく。やっぱり下はスクラブジャケットのほうが良いのかもしれない。

2005年05月19日(木) 
今日も朝からインプラント。前歯部の抜歯即時埋入なので切開も縫合も必要ない。実質1時間ほどで終了。タバコを吸う先生によればインプラントの後のタバコは格別にうまいそうだが、生憎?喫煙者ではないので今日は冷えたダイエットドクターペッパーでリフレッシュ。今日は後の予定が詰まっていたので、あまりゆっくりする暇もなく顕微鏡下で4前歯の形成。午後からも顕微鏡下での前歯部の形成が入っていて、終わったらぐったり疲れる。今日は、診た患者さんの人数は少なかったのだが精神力を消耗した。夜、自宅でiRobotを見る。30年後、75歳の私はロボットに介護されている可能性もあるなぁと思ってしまった。B0006NKDCQ.09.MZZZZZZZ.jpg 101×160 7K

2005年05月18日(水) 
朝からインプラント。骨が数ミリの厚さしかない上顎の埋入であったので明視下にダイアモンドバーで骨を除去して上顎洞を挙上して埋入。中途半端に6mmぐらいの骨があるよりは術式としてはずっと楽である。ただ、挙上量が大きいので上顎洞の膜を破らないように細心の注意は必要なのだが、慣れるとそんなに難しい事ではない。7年ほど前に義歯がどうしても使えずインプラントを希望された患者さんがいらしたのだが、当時の方法ではかなり大掛かりな手術をしないとインプラントが出来なかった。説明をしたところ、インプラントを諦めて義歯を選択されたのだが、どうしても患者さんが満足できる状態には程遠かった。技術の進歩で今まで出来なかった事ができるようになって患者さんに喜んでもらえるのは嬉しい。夜はチェロレッスン。結構練習したつもりだったのだが、ハイポジションでの音程が安定しない。ちょっとへこむ。

2005年05月17日(火) 
DVDでI SPYを見る。エディ=マーフイが絶妙。

2005年05月16日(月) 
DSC00898.jpg 200×150 21KInternational Music Co.に注文していた楽譜がやっと届く。送料が高いので現在入手できる3つの版を注文してしまった。3色の表紙でとても奇麗。ぱらぱらと見た感じではピエール=フルニエ版が私の無伴奏チェロ組曲のイメージに近いかもしれない。

2005年05月15日(日) 
昨日のMeditationのCDに合わせてただひたすらチェロを弾いてみる。♪=60ぐらいのゆっくりした曲なので、十分ついて行ける。間のとりかたやピアノとのタイミングが良くわかる。ちょっと練習しすぎて指が痛くなった。午後から光の森へ買い物へ。長男はお目当てのガンプラ(ガンダムのプラモデル)を買う。3000円の20%引きだが、細かいパーツが沢山あって組み立ては結構難しそうである。

2005年05月14日(土) 
長男を近所の模型屋さんにつれて行く。ずいぶん以前からお店の場所は知っていたのだが、行ったのは始めてであった。あまり大きな店ではないが、プラモデル、Nゲージ、モデルガン、フィギュアと一通りのものはそろっている。お客さんの年齢構成を見ていると小学生-中学生の子供客と30-40歳代の大人客に両極化している。しかし、模型屋さんってほんとに男の子の世界だと思う。その後、上通りの新星堂で藤森亮一(Vc)のMeditationを買う。Ariosoってこんな曲!と改めて驚く。

2005年05月11日(水) 
朝からインプラント。ソケットリフトで2本埋入。1本は骨の厚さが6mmぐらいだったので楽だったが、もう1本は9mmの厚みがあったので8mmの深さまで慎重に孔を形成して上顎洞底を挙上する。骨が厚いほど埋入が楽のように思うかもしれないが、実は薄いほうが楽なのである。直径2mmの孔の先端に1mmの厚さの骨を残すのだが、当然、孔が浅い方がコントロールが簡単である。もちろん、骨の厚みが沢山あるほうが埋入したインプラントがきちんと留まって固定が確実ではある。世の中、大変な事もあれば良い事もあるという事で妙に納得。それでも埋入は予定より早く終わったので早めに昼食。昼休みはチェロを弾いて過ごす。

2005年05月10日(火) 
DSC00896.jpg 199×167 29Kここに注文していたコーギー用のサニタリーパンツが到着。おむつカバーと同じ構造で履かせやすい。それに、胴長のコーギー専用なのでサスペンダーが長めで股上が深いのでずれる事がない。一枚ずつ手作りされているらしく、縫製も丁寧である。なんだか、ネット通販で久しぶりにすごくお買い得だったように思う。

2005年05月01日(日) 
 朝からすごい雨。午前中はチェロを弾いて過ごすが、天気が悪いと楽器が湿気を帯びて音も湿りがち。この日記はnickyを使って書いているのだが、流行のトラックバック機能をインストールしてみる。cgiライブラリのインストールが必要であったのでちょっと面倒だったが、なんとかcgiの設置完了。ライブラリが1MBもあったので、ディスクスペースを拡張しておいて良かった。

過去ログ 2003年02月 03月 04月 05月 06月 07月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 09月 

一覧 / 検索
このページに掲載されている本の表紙、CD、DVDのジャケット写真の著作権はそれぞれの販売元にあります。当ページではアマゾンのアソシエートプログラムに参加することによって、これらを使用する許諾を得ています。