日記
[ホームへ戻る] [院長室へ戻る]
過去ログ 2003年02月 03月 04月 05月 06月 07月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 09月 

2006年01月31日(火) 
 インプラントの2次オペ。直径5mmのインプラントを2本植えたのだが、付着歯肉が少なかったので、同時に歯肉弁根尖側移動術という名前もややこしいが、術式もややこしい事をやる。レントゲンで正確にインプラントの位置を計測して、術中に撮った写真も見ながら切開線を決定する。切開線の真下にインプラントのカバーキャップの端が見えればOK。少し外れると付着歯肉が無駄になったり、後の治りが悪かったりする。メスの刃先に神経を集中して切開を入れると、チタンのカバーキャップと骨の間のわずかな溝の手応えがする。そのまま切開線を延ばして剥離するとぴったりだった。緊張するのだが、如何に的確な切開線の設計をするのは楽しい。

2006年01月30日(月) 
 家に帰って本を読んでいたらなんだか寒気がする。熱をはかってみると37度。ちょっと風邪気味かもしれないと思って、熱い風呂に入って早めに就寝。翌日には平熱に戻っていた。

2006年01月28日(土) 
 来熊の先生をご案内して、辛島町のイタリアンレストランAngeloで夕食。何を食べても美味しいのだが、お勧めはチーズフォンデュ。チーズと白ワインとニンニクを2欠けほどフォンデュ鍋に入れて、チーズを溶かし、小さく切ったパンに絡めて食べるだけなのだが、不思議に美味しい。少し冷やしたバローロとよく合う。
 他に、ハンバーグのパイ包みや子牛の骨付きあばら肉(バルサミコ風味なのだが、名前を思い出せない)なども美味しかった。ついつい、最後にエスプレッソと一緒にティラミスを食べてしまう。
 明日は一日、絶食すべきかも。

2006年01月27日(金)  PC不調
 診療室のデジタルレントゲンのクライアントPCが不調で時々フリーズする。とりあえず、家でLinuxの実験用に使っていたCeleron 600MHzのPCと入れ替えてみる。Celeron 2.4MHzの元のPCと比べると確かに遅いが、そんなに気になる程でもない。逆に言えば、3DゲームをやるわけでもなければCPUクロックが4倍早くなっても大した変わりはないのかもしれない。
 近くのPC shopに行く度に、店主さんから「最近、売れ行きが悪くって」と愚痴を聞かされるが、もう、クロック数が増えてもあまり良い事はないのかもしれない。

2006年01月26日(木)  ケースプレゼンテーション
 一緒に勉強している先生たちと症例検討会。7時半から10時半まで途中休憩一回で通して、会場の門限が過ぎたので、近所のガストに場所を移して12時までまた仕事の話。みんな病的なまでに仕事好きである。
 帰って、そのままでは眠れないので少しチェロの練習をして1時に就寝。
Trackback(135)

2006年01月25日(水)  チェロレッスン
 週末、博多で研修会だったので、ちょっと練習不足だったが、調子はまあまあ。次はいよいよ4連符、6連符、3連符の連続という、絶対に弾けそうにないフレーズが出て来る。MIDIファイルに合わせて練習しないとおそらく無理。
Trackback(137)

2006年01月24日(火)  エンドピンの下
 インプラントのオペで早起き。早朝からちょっとチェロを弾く。サンルームのテラコッタの床が冷たいのか、いつも来るマシュマロ(コーギー)はソファーの上で朝寝坊。
 
 明日はレッスンなので、寝る前にもチェロの練習。床が冷たいので足もとに使い古しの膝掛けの布を置いてみた。ちょうど良いクッションだったのか、今度はマシュマロがやって来てエンドピンの下の布の上で寝ている。練習を中断するとサンルームの入り口まで来て、吠える。もっと練習しろということかも?と思ってチェロを弾き始めると、また足下に寝そべる。しょっちゅう音程を外して聞き苦しいチェロなのに良く寝ている。

 もっと、チェロが上手な飼い主に飼われていたらマシュマロももっと幸せだったかも。下手なチェロでごめんねマシュマロ。
massy.jpg 200×156 30K
Trackback(136)

2006年01月23日(月)  インフルエンザ
ichigod_140.jpg 140×140 5K 先週、熱を出して内科の先生から「気管支炎」と診断されたスタッフが、今日はインフルエンザだと診断されてお休み。インフルエンザの検査キットは発症後12時間経たないと陽性反応が出ないらしい。ちょっと、診断が早すぎたのかもしれない。最近はタミフルがあるので治りは早いらしい。
 週末の研修会出張のスタッフへのお土産は如水庵のいちご大福。うちのスタッフはみんないちご大福が大好きで、この季節、私が博多へ出張するのを楽しみにしている。

 早くインフルエンザを治さないと誰かに食べられてしまうかも?
Trackback(136)

2006年01月22日(日)  煙草とインプラント
 インプラント研修会2日目。昼休みに下の小ホールでアンティーク骨董の展示会をやっている。暇つぶしにのぞいてみると、結構、アヤシイものが盛りだくさんで面白い。あぶなくアンティークのパイプを買いそうになったが、もう15年もパイプを吸ってないし、もう吸う事もなさそうなので、止めておく。

 タバコは歯周病やインプラントの治療の大敵です。

 喫煙者はインプラントの成功率が有意に低いという論文がたくさんある。やっぱり患者さんにだけ止めるように言って自分だけ吸うのはアンフェアである。
Trackback(135)

2006年01月21日(土)  インプラント研修会
 帰って寝たのは夜中だったのに、朝、早起きしてインプラント研修会のためJRで博多へ。会場は福岡国際会議場であった。休憩時間にロビーに出ると南向きの大きな窓から志賀島が見える。

 子供の頃、志賀島へ海水浴に連れて行ってもらった事がある。当時はたしか博多埠頭から志賀島まで船が出ていたように思う。明るい日差しにきらめく海を眺めていたら、ふいに船の舳先が作る白い波が後ろへ消えて行く様や、日差しに照らされた日よけの帆布がはためく音、風に飛ばされた顔に飛んで来た波しぶきを舐めてみたしょっぱい味まで思い出してしまった。

 そして何より、手すりから身を乗り出し通り過ぎる波を飽きずに眺める私のズボンのベルトをしっかり握っていてくれた父の大きな手の感触。若い頃は私もずいぶん父にも反発したが、今になると父の手にこめられた、私に対する気持ちがはっきりと理解できる。

 海を眺めていてなんだか妙に感傷的になってしまう私であった。似合わないなぁ。
Trackback(134)

2006年01月20日(金)  夜中に定食大盛り
 診療終了後に歯科医師会館で学術委員会。7時半開始だったので食事をする時間もない。終わったのが10時過ぎだったので、歯科医師会館の近くの塾に息子を迎えに行く。「居残り授業」とかでまだ終わらないようだったので、近所で食事をしようと思ったが、普通の店はほとんどもう閉まっている。まだやっていた上通りの「めしや丼」で遅い夕食。値段も安くて量があって美味しい。学生時代にこんな店があれば良かったのにと思う。ただ、この年齢になると「量があって」というのはあまりうれしくなかったりする。全部は食べきれずに勿体ないが少し残してしまった。
 食べている途中、長男から電話、「どこにいるの?」というから「めしや丼」と言ったら、「お腹すいてるからそっちへ行く」と言う。結局、長男は深夜11時にめしや丼で鳥南蛮定食のご飯をお替わりして食べた。これで太らないんだから食べた養分はみんな体の成長に使われているのであろう。本当は、すこしは学力の成長にも使って欲しいと思う。
Trackback(135)

2006年01月19日(木)  冬はインプラントの季節?
 朝からインプラント。少し早起きしてチェロを弾いていたら時間がぎりぎりになってしまった。マシュマロは床が冷たいので暖かいソファーの上から動かない。
 医院のオペを行う部屋も冷えきっているが、エアコンで開始までには少し暖まる。でもやはり、真冬のインプラントのほうが術衣を来ていても暑くないので汗をかかなくて良い。もう少し年末に分散していればスケジュールが楽だったのだが、年末にインプラントの手術をすると年末年始のフォローアップが難しいので、どうしても年明けに重なってしまうのが問題。

2006年01月18日(水)  チェロレッスン
 レッスンで一度弾いたら、先生から「まあ技術的にはこんなもんでしょう。」とのお褒めの言葉を頂く。知らない人が聞いたらなんだか分からないかもしれないが、一回目でこのコメントの場合、私としては結構出来が良いほうである。いかに私の進歩が遅いかがよく分かる。今回は練習していると観客(マシュマロ)がいたので練習に身が入っていたかもしれない。
 気を良くして帰っておさらい。40歳を過ぎて始めてもすこしずつ上達するのが楽器の楽しいところである。

2006年01月17日(火) 
 最近、チェロでジョスランの子守唄を練習しているのだが、弾いているとマシュマロ(ウェルシュコーギー)が妙に寄って来る。ブレバールのコンチェルトの時はあまり近づかなかったのだが、ハイポジションを多用するテンポの緩い曲が好きなのだろうか。そういえばエルが好きだったアリオーソも傾向的には似ているかもしれない。ただ、エルはピアノの音が好きだったが、マシュマロはピアノが好きではないようだ。
 犬にも曲の好みがありそうだとはちょっとびっくり。
Trackback(136)

2006年01月16日(月) 
crash.jpg 199×156 25K インフルエンザがいよいよピークなのか、風邪でキャンセルの患者さんが多い。インプラントのメインテナンスの患者さんが多い日であったが、皆さん経過が順調で一安心。
 夕方、医院の前ですごいクラッシュ音。びっくりして外へ出てみると国体道路の中央分離帯にスカイラインが乗り上げていた。中央分離帯の上には反射板のついたポールが立っていたのだが、数日前にも車が乗り上げてポールを全部なぎ倒していたのだ。今日の事故はポールを立て直してあれば防げたのかもしれないが、国体道路が出来てからこれで少なくとも5回目の乗り上げ事故である。なにか、根本的な対策を講じないと大変な事故が起こるのではないかと思う。

2006年01月15日(日)  三年坂通り
sannenzaka.jpg 200×266 45K 長女の受験も終わったので久しぶりに日曜日に外出。長女がコムサストアで服を見ている間にツタヤへ。今朝の日経新聞の書評に面白そうな本があったのだが、メモするのを忘れていて思い出せない。「Movable Typeスーパーカスタマイズテクニック」と「ブログ道」を買って、喜久屋書店に移動。
 途中、三年坂通りで振り返ると、真冬の空であった。母の実家がこの通りにあったので、子供の頃はよくこの道で遊んでいた。昔から人通りの多い道だったので、托鉢のお坊さんや大きな氷をムシロに包んで自転車で運ぶ氷屋さん、チラシを配りながら通りすぎるチンドン屋さんなど、「不思議な人々」を眺めていると半日でも飽きる事はなかった。今では当時からの店は数軒しかないし、街の様子も変わってしまった。でも、この道で振り返ると、子供の時のように家に帰る私を見送って、亡くなった祖父母が私の事を見ていてくれるような気がしてならない。
Trackback(134)

2006年01月14日(土) 
 昨日、天麩羅を食べ過ぎてちょっと胃もたれ気味。朝食はあっさりとお茶漬け。もちろん、もう若くないのに、たくさん食べた自分が悪いのは重々承知です。
 午前中一杯、インプラントを含めた全顎の印象の患者さんと矯正の患者さんだけ診て今日は終わり。家に帰ると明日は入試なので長女は必死に勉強しているかと思えば意外と余裕。夜も早めに10時にはぐっすり寝ていた。何か大きなイベントがあるとすぐ眠れない長男に比べると大物かもしれない。

2006年01月13日(金)  新年会
grp0116224302.jpg 200×150 32K 医院の新年会で天麩羅の天一へ。おそろいのエプロンを付けてもらってカウンターでお食事。揚げたての天麩羅はどれも美味しくてついつい食べ過ぎてしまった。

2006年01月11日(水) 
 チェロレッスン。年末には大雪で何時間もかかった道だが雪がなければ20分で到着。夏の暑さは辛いが、九州は雪が少なくて幸いである。
 コンチェルトはようやく合格点をいただく。8月にエルが病気になった時に始めた曲なので5ヶ月かかってしまった。あの時は上手く弾けなかった出だしのフレーズも今は弾ける。できればエルにもちゃんとした曲を聞かせてやりたかったと思う。そんな気持ちを知ってか知らずか、マシュマロはチェロが置いてあるサンルームのドアを開けると家中どこにいても走って来る。せめてマシュマロに聞かせてあげよう。

2006年01月10日(火) 
 前歯部にインプラントを植えた患者さんの最終補綴の装着。一本ずつ順番に「オールセラミック」「インプラント」「天然歯」「オールセラミック」「ラミネート」という最近の審美歯科技術の忰を凝らしたような?症例であったが、全体として調和がとれたので一安心。ほとんど午前中はかかりきりになってしまった。
 ちょっと疲れたので頂き物の渋皮のモンブランケーキを食べて一休み。これがおいしい。いつもびっくりするくらい美味しいお菓子やケーキを探して持って来てくださる患者さんからの頂き物なのだが、ご本人も認める甘い物好きでちょっと虫歯になりやすい方なのがちょっと問題。食べたら歯磨きは忘れないでくださいね。おごちそうさまでした。
Trackback(134)

2006年01月09日(月)  成人の日
 Happy Mondayなので今年は9日が成人の日。アメリカでは独立記念日とあと何かの日を除けば祝日は何月の第何月曜日と決まっているので、かならず連休になる。称してHappy Monday。連休のほうが良いと思うのだが、日本では成人の日と敬老の日ぐらいか。いっそ、5月の連休は暦に関係なく4月最後の日曜日から7連休とかに決めてもらえれば良いのにと思う。
 お正月のあいだ、チェロの練習をさぼり気味だったので、集中して練習。ジョスランの子守唄のmidiデータを探してきて、Gurage Bandで速度を遅くして伴奏パートに合わせて練習してみる。楽譜からはよくわからなかったが、こんな曲だったのか?
Trackback(146)

2006年01月08日(日) 
 昨日、娘がiPodを買いたいという話をしていたら、今日は長男が昨年自分の貯金で買ったiPod miniの調子がおかしいと言う。そこで、近所のベスト電気に修理のために持って行く。ところがiPodの修理は直接Appleへ持ち込みか送付でないと出来ないとの事。
 仕方がないのでそのまま持ち帰ってAppleのHPで確認。iPodは修理に出すと下取り交換になる事を知る。相変わらず、複雑怪奇なAppleのHPをさまよい歩いてやっと必要な情報を得た。iPodの修理はオンラインで申し込めるらしい。
 でも、リセットやリストアだけで問題が解決するiPodがたくさんあると書いてある。息子に聞くと、リセットは試したがリストアはしてないとの事。さっそく、リストアを試してみる。リストアをすると工場出荷状態に戻ってしまうので、HDDの内容も消えてしまう。どうせ息子のiBookのiTunesにバックアップがあるのでそれは問題がない。1時間程かけて自分で作業していたようだが、リストアの結果、なんとか元に戻ったらしい。でも、工場出荷状態に戻さないといけないような状態になる製品が多発するというのはやはりバグ?

2006年01月07日(土) 
 小学生の娘がお年玉でiPod miniを買いたいと言い出す。別に自分がもらったお年玉なので何に使おうと問題はないのだが、Apple storeで調べてみると、もうiPod nanoしか取り扱っていない。娘はピンク色のiPodが欲しかったようなのだが、iPod nanoには白と黒しかない。「白や黒は欲しくない」そうなので、ピンクのiPod nanoが出るまで待つつもりらしい。

2006年01月06日(金) 
 非常に寒い一日。ちらほらと雪が舞っていた。午前中はインプラントのポストとプロビジョナルのセット。歯を失ってから比較的長い時間が経過している患者さんだったので、上顎の歯が挺出(下がって来て)していたので、噛み合う相手の冠の調整に時間がかかる。午後から上顎の臼歯部を8本圧排して顕微鏡下で最終仕上げして印象。長時間かかる治療なので、途中で患者さんがうとうとされ始める。リラックスされているのは良い事かも。ブラッシングの状態が良かったので、印象も一度で終了。良かった。
 あまりに寒いので今日はおでん。台所を探したが熱燗にする日本酒が無かったので、寒い中近所の酒屋さんに日本酒を買いに出る。おでんを食べながら少し熱燗を飲んで暖まる。冬のおでんでいちばん好きな具は少し煮た牡蠣。長崎にいたころ、いきつけのおでん屋さんでよく食べたのだが、ほんとうにおいしい。

2006年01月05日(木) 
 診療終了後、滅菌担当スタッフの採用の面接。面接後、急いで夕食を食べて歯科医師会館へ。患者さん説明用パネルの校正。その際に最近、話題の3Mix-MP法について、日本歯科保存学会からの公式見解が出た事を知る。「保存領域の治療に常用する薬剤としては、現状では容認しがたい。」との事。一つ一つの薬剤は承認を受けているが、決して虫歯治験の目的のために承認を得ている訳ではない。多剤を併用すると相互作用も考えら、現状ではいきなり人体実験をおこなっているに等しいのではないか?
 3Mix-MP法の推奨者である某大学の先生は、海外で治療協力と称して3Mix-MP法で治療を行っているらしいが、倫理的に問題はないのか?と思う。

2006年01月04日(水) 
 今日から診療開始。昨日墓参りに行ったとき、あまりに寒かったのでちょっと体調が悪い。休みの間に体調を崩した患者さんが多く、キャンセルも多かったが、当日のアポイントも多かったので忙しい一日であった。

2006年01月03日(火) 
 両親を連れて墓参りに。あまりに寒いのでざっと掃除だけして、お参りして帰る。母は、「桃尾霊園はちょっと遠いので墓参りが大変」とこぼすが、文句をいいながらも元気で墓参りに行けるうちは安心である。
 初詣に行こうかと思ったが、子供たちも塾で忙しそうなので家でチェロの練習をしたり、本を読んだりして過ごす。

2006年01月02日(月) 
 年末に買った冷蔵庫が配達されてくる。うちの家電製品の主な物は日本に帰って来た時に買ったので、ぜんぶ12年経っている。まず、テレビの色がおかしくなり、ついには冷蔵庫が調子が悪くなってしまった。お正月早々、配達ありがとうございました。
 昨日はお屠蘇で酔っぱらっていたので、今日がチェロのお稽古初め。風邪引いたりしていたので、練習がおろそかになっていていまいち調子が出ない。なんとか3回ほどさらって終了。風邪具合はだいぶよいのだが、大事をとって終日、家で過ごす。

2006年01月01日(日)  元旦
 あけましておめでとうございます。

 昨夜は遅くまで起きていたので、ゆっくり9時すぎに目を覚ます。実家に両親を迎えに行って一緒におせち料理を食べる。実家ではお正月に一家でそろって、まず最初に父が「明けましておめでとうございます。」と言い、続けて家族が「明けましておめでとうございます。」と新年の挨拶をしてから、福茶を飲むのが習わしであった。もちろん、普通のお茶なのだが。
 結婚して子供たちと新年を迎えるようになると、私が最初に挨拶をしていたのだが、、昨年のお正月に両親を招いた時は油断していたら先に父に言われてしまった。今年は父が病み上がりで、なかなか始めないので、つい私が挨拶してしまったのだが、なんだかちょっと寂しくもある。
 ナショナルランプーンクリスマスバケーションという映画でチェビィ=チェイス演じるお父さんが感謝祭の祈りの言葉を言おうとしたら、おじいちゃんに先をこされてすごく悔しがるシーンがあるのだが、今となっては気持ちが良くわかる。

 夕方からはNHKで恒例のウィーンフィルニューイヤーコンサートを見る。一度でいいから新年をウィーンで過ごして楽友協会ホールでコンサートを聞いてみたい。あ、できれば前日はロンドンのコベントガーデンで恒例のオペラも観ないと。その日に備えて貯金しておこうと思った。

過去ログ 2003年02月 03月 04月 05月 06月 07月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 09月 

一覧 / 検索
このページに掲載されている本の表紙、CD、DVDのジャケット写真の著作権はそれぞれの販売元にあります。当ページではアマゾンのアソシエートプログラムに参加することによって、これらを使用する許諾を得ています。