レーザーの効果

<メニューバーが表示されていない場合はここをクリックしてください>

 当院で使用している炭酸ガスレーザー装置 Opelaser 03Sです。現在、歯科医療に用いられている主なレーザーとしては、半導体レーザー、Nd-YAGレーザー、Er-YAGレーザー、炭酸ガスレーザーなどがあります。
炭酸ガスレーザーは、遠赤外線領域10,600nmの波長を持ち、強い熱作用があって軟組織に対する吸収が非常によく、レーザーの到達深度も浅層に限局することから組織透過性がありません。また、一瞬のうちに照射部組織の表層を蒸散させるので治療部位以外の周囲の組織へのダメージが少ない特徴があります。

 当院では1997年より炭酸ガスレーザーを導入し治療に用いています。

1.歯肉の炎症軽減


歯槽膿漏の急性発作、親知らずの痛みなどの急な炎症がある時、腫れている場所へレーザーを当てると、治りが早くなり、痛みが引きやすくなります。

2.口内炎、アフタ、ヘルペス、義歯による傷の鎮痛・消炎


アフタなどが出来た場所への1〜2回のレーザー照射で、痛みが引き、治りも早くなります。また、義歯の痛みも軽減されるので、義歯をあまりたくさん削る必要がありません。

3.根管治療時の根管消毒


 神経の治療の時に毎回レーザーを照射すると痛みや腫れが早くよくなります。また、根の回りの組織に作用して炎症が治りやすくなります。

 炎症が治まって根の中に薬を詰めなおす場合もレーザーを用いて根管(歯の神経が入っている管)内を消毒すると術後の痛みや腫れがおこりにくくなります。

4.抜歯後、歯周外科治療後の治癒促進、疼痛緩和


抜歯や歯周外科治療の後に、処置部位をその周辺も含めてレーザー照射しておくと、止血が促進され、翌日の痛みや腫れが軽減し、治りも早くなります。インプラントの手術の後の腫れや痛みを抑える効果もあります。

5.小帯切除


小帯(頬と歯茎を結ぶスジ)が短くて舌や頬の動きを制限していたり、小帯が厚すぎて歯と歯が開いてしまう事があります。このような場合は小帯を切除しなくてはなりませんが、レーザーを使えばメスによる切除に比べて簡単で、出血もなく縫う必要がありません。痛みも少なくなります。

いままで手術が難しかった小さなお子さんにも簡単に手術を行う事が可能です。

6.歯肉の切除


 冠(かぶせもの)をいれるために、歯を削った後に歯型をとる時、歯肉が歯を覆ってしまいうまく型がとれないことがあります。また、義歯をつくる際、ぶよぶよに腫れた歯肉があると義歯がうまく合わない場合があります。従来は電気メスや通常のメスを用いてこれを除去していましたが、術後、治るまでに時間がかかり、痛みを伴う場合もありました。

 レーザーを照射してこのような歯肉を除去すると、出血も少ないのでその後の治療がスムーズに進み、治癒も他の方法より早くなります。

7.知覚過敏処置


 むし歯でないのに冷たいものがしみる場合、歯の根元が露出してしみている(象牙質知覚過敏症)ことが多いようです。レーザーを歯または根元の歯茎に照射すると、しみる感じが楽になります。効果には個人差があるので、何回か繰り返し照射する場合もあります。また、知覚過敏の治療薬を同時に塗布するとさらに効果的です。

8.歯肉のメラニン沈着の除去


歯茎の表面にメラニン色素が沈着して黒ずんでいる場合、レーザーを用いて色素を除去すると健康なピンク色の歯茎に戻すことができます。治療は通常、数回レーザーを歯茎に照射するだけです。

歯肉のメラニン沈着の除去を除き、上記の全ての処置は健康保険の範囲内で行っていますので、余分な費用がかかる事はありません。



<メニューバーが表示されていない場合はここをクリックしてください>